haochiのこそっと腕時計ブログ

腕時計、その他(スタバご当地マグ、ビールのラベル、など)収集癖のある30代中盤会社員です。腕時計、ヨメサンにばれないように、こっそりと。

機械式・クオーツ、現行品・ビンテージ、アナログ・デジタル・デジアナ、なんでもありの素人が、ヨメサンにばれない範囲でこそこそと書いてる腕時計ブログです。
と言いながらも、そろそろ気づいちゃった方もいらっしゃるのではないでしょうか。コレ、本当に腕時計ブログかしら?って。そうなのです。コレは腕時計ブログの皮を被った別のなにかの可能性があります。

いやー、見ました?先週の仮面ライダージオウ。平成を代表する仮面ライダーアギトのね、賀集利樹氏、大活躍でしたな!あんなね、やあ、って言う人、なかなかいません。大根かな、大根役者かな、とハラハラしていましたが、まはやあれは氏の芸風ですな。是非これを機会に頑張っていただきたい。

ということで、フランス時計メーカーの、ペキニエ。フランス・マニュファクチュールを掲げるおしゃれな会社です。
(追記:読み返してみたところ、我ながらなんで仮面ライダーアギトからペキニエに繋がるのか、意味がわかりませんでした。仮面ライダーアギト→賀集利樹氏はレストランのシェフになっていて外国で修行中→外国で修行といったらたぶんフランス→フランス時計。よって仮面ライダーアギトといえばフランス時計、となったのでしょう。論理的思考)

IMG_5730


フランスの時計メーカーと言えば、LIPのはず。それを差し置いて、自分こそがフランスを代表するマニュファクチュールを名乗る、なかなか気合い十分なポッと出野郎、そんなダルタニアンを彷彿とさせるペキニエなのです。
  • 1973年エミール・ペキニエ氏が創業
  • 2009年 創業者が引退し、元ゼニスの人が買収。
  • 2010年 フランスマニュファクチュール復活を掲げて機械式ムーブメントのカリブルロワイヤルを発表
  • 2012年 鳴り物入りで売り出したカリブルロワイヤルの不具合や過大な投資などが経営を圧迫、会社更生法適用を申請。(2016年という記載も。きっちり調べてないのでよくわかりません)

が、その窮地にホワイトナイトのよにダルタニアンのよに颯爽と現れたフランス人実業家カッツ氏がガッツリ同社に出資し、倒産を免れたそうです。カッツ氏やりおる。

しかしペキニエ、いつの間にやら、ロゴマークをDragon Ash的な百合の紋章にしていましたね。正直カッコ良い。

78個目 ペキニエ モーリア クロノグラフ。クオーツ。

IMG_5726
  • ケース直径:38mm
  • 防水:10気圧

IMG_5727

日本での代理店はカリブル21という会社だそうです。




IMG_5729

うーん、酷い目に遭いました。今朝、会社のトイレに閉じ込められまして。

こちとら、日本のTOTOとかINAXとか見た目にも鮮やかに白く清潔でおしゃれな真っ白けのトイレではないのです。
且つ、防犯のためなのか音漏れ防止のためなのかなんなのか知りませんが、こっちのトイレって、日本的にパーテーションのちょっとしっかりした壁みたいなので仕切られていて上下はガラ空き、というスタイルではないのです。隙間なく密閉される。お疑いの方がいらっしゃったら、ひと気が無くなった深夜にでもいずれ写真を撮ってアップロードします。

で、扉の鍵が壊れたのでしょう、僕がヨーシ今日も1日頑張るばいと、ドアノブに手をかけておもむろに回したところ、ガチッと言ってそのまま動かなくなりました。そして更に悪いことに僕は、トイレに携帯を持ち込む派では無かったのでした。

しょうがないので、扉の下の方についているアルミサッシの通気口に顔を向けて。助けて〜!、っつって。なかなか人が来ない。

わたくし、閉所恐怖症のケは無いと思っていました。しかしながら、きっと罰が当たったんだ、このまま俺は誰にも気付かれずに会社のトイレで静かに朽ちていく定めなのだ、と思った途端、息切れ動悸とめどない発汗息苦しさといった諸症状に見舞われたのです。
もはや恥も外聞も無く、扉をドンドン拳で叩きながらしゃがみ込んで通気口に顔を寄せて、誰か〜ポルファボール〜!、っつって、叫んだのでした。

冷静になって考えると、ポルファボールはスペイン語でプリーズの意なので、男性トイレの扉がギシギシ言っててその隙間から、はあはあプリーズプリーズはあはあ、と上擦った声が漏れ聞こえてくるというのは、相当なる異常事態もしくは異常な痴態が繰り広げられている可能性を示唆しますな!これが最近やたらめったらに警戒心が高い日本だったら、誰も足を止めてくれなかったことでしょう。

幸運なことに、ガブリエルという名前の同僚に僕の声が届き、彼が用務員を呼んできてくれました。ガブリエル、その名に違わぬ大天使っぷりに、危うく宗旨替えしちゃうところでした。

けどまあ、そっからが長くて。用務員が全くの役立たずで、いくらガチャガチャやっても開けられない。最終的には、アルミサッシの通気口の隙間をぐいっと広げてドライバーやらペンチ的な工具類をコソコソ少しずつ受け取り、僕が内側から扉の蝶番を1個ずつ外していったところを、向こうからドーンと蹴破ってもらう、という、引田天功もかくやの大脱出大活劇を繰り広げたのでした。トイレの扉をパタンと閉めて、イリュージョン!とばかりに飛び出すまで、およそ45分。

そしてデスクに戻ってみれば、誰も僕の不在に気が付いていなくて。僕の存在がもはやイリュージョンなんじゃないかと不安になったのでした。

しかし、今日が月曜日だからほんと良かった。時々休日出勤しないといけない時があり、当然のことながらこっちの国の人たちが休日に会社来るはずもない。すると、月曜日まで発見が遅れるケースも起こり得たわけで。ゾッとします。必ず携帯を持ち歩くようにしよう。

今日は、セイコーのSUSクロノグラフ。

IMG_5724


だいぶガチャガチャやりましたので、その時に風防の左下部分が欠けたっぽい。もともと右上が欠けてたから構いやしませんが、他の時計じゃなくて良かった。

うちの会社には、海外に転勤になった職員の福利厚生の一環として、日本食材送付制度なるものがあります。

日本食材が手に入りにくい地域に住んでる職員が日本から食品を個人で輸入するのは何かと大変なので、1人あたり15kgまでだかなんだか重量の上限はありますが、送料を会社が負担してくれて手続きも会社がやってくれる。非常に助かる制度。食材の代金も会社が出してくれたらもっと言うことはないんだけど、さすがにそこまで求めるのはやり過ぎですな。
ただ、メイソウなるインチキ日本風雑貨店が開店したり、色んな国においてアジア系の食材へのアクセスは年々増えていっている印象があるので、そう遠くない将来には無くなる制度なんじゃないかと懸念しています。

その制度を使って注文していた食材が届いたんです。ヒャッホーウ。

IMG_5692

ほぼお菓子とマヨネーズ類で箱が埋まっていました。特筆すべきはとんがりコーン。コッカルコーンとは違うのだよコッカルコーンとは!

IMG_5081

とんがりコーンで火猿火爪(ホアンユアンホウチャオ)、こうなります。ううむ、ビシッとしとる。

なお、ホアンユアンホウチャオとは何か?、僕の口から説明するのは野暮なので、ヤングマガジンで連載されていた伝奇マンガの金字塔、3×3EYES全40巻くらいをお読みください。確か30巻前後で一瞬だけ出ているはず。


今日は、セイコーのWIREDツナ缶風。

だったんですが、時計の写真を撮り忘れました。一体なんのブログなのか。

↑このページのトップヘ