haochiのこそっと腕時計ブログ

腕時計、その他(スタバご当地マグ、ビールのラベル、など)収集癖のある30代中盤会社員です。腕時計、ヨメサンにばれないように、こっそりと。

2017年01月

うーん、冷え込みましたな。
昨日はあんなに、暖かかったのに。こんなに、急に寒くなるなんて、アレンデールか!なんつってね!

いやね、今更なんですけど。ウチの子が、だいぶ今さら、周回遅れでアナと雪の女王ブームなんです。
やれビデオを見せろ本を読め、なんならサウンドトラックを流しながら本を読め、とね、やかましいのです。かしましいのです。かしましいは違うな。。

で、サウンドトラック、延々とリピートしているうちに、なんだか僕も、その気になって、きちゃって。
眠れない夜、駅からの帰り道、エレベーターの待ち時間、会社のトイレの洗面台。気を緩めると、口から出ちゃう。ハミング、しちゃう。

そう、それは無理〜なぜ無理なの〜ものすごい雪よ〜なんのこと〜アレン〜デールが危〜機〜な〜の〜よ〜、の、部分が。
なんなら、そのちょっと前、お願いよ〜帰りなさい〜、の、くだりから。
よりによって、一人二役やってるのです。アナとエルサの掛け合いパートを。若干かぶせ気味なところも、再現したりして。よりによって!

今日は、レビュートーメンの、ランドマーク。

image


なんてったって風防、二重だから。寒い日も、安心なのです。

image


なんてったってコレ、一人二役仕様なのです。文字盤には太陽コンパスが、付いてる。しかし太陽コンパス。なんてカッコ良い響き。心配するな!太陽コンパスがあれば!みたいな。

image


今日は、セイコー。クレドールのパシフィーク。38個目になります。

image


超カッコ良い。ケースの左に耳があるところなんて、どこかの何かを意識してるんでしょうか。でも、スポーティで、良いと思うんです。

image


ブレスも手が込んでいて、高級!最近手首周りが苦しくなってきたんですが、余り駒無しで買ったため、どうにもならない。

image

クレドール自体は1974年にスタート。その中でパシフィークは高級スポーツラインとして1993年に登場しました。しかしながら、シリーズは既に終了してしまってます。パシフィーク 20周年には届かなかったという記載を見たことがありますので、おそらく2010年前後にパシフィーク シリーズは消えてしまったものと推測します。

そんなパシフィーク。クレドールシグノからも出ていたり、自動巻/キネティック/クオーツと駆動方式が違うもの、ラウンド型/トノー型、三針/クロノグラフ、ベゼル形状や素材など、色々なバリエーションがあります。生産終了からしばらく経ちますが、人気があったのでしょう、結構出物多いです。

そして高級スポーツラインと銘打っていただけあって、作りが良いです。ベルトも手が込んでいる。にもかかわらず、

このクオーツの三針モデルは、探したら3万円台で売ってることもあります。割安だと思います。是非ほかのカラーリング、特に青文字盤とか緑文字盤とか欲しい。

image

  • ケース直径:36mm
  • ラグ幅:18mm
  • 防水:20気圧
  • ムーブメント:8J82-6A00

なんだか、中古時計の相場が下がってきているような気がします。なんだか、ソワソワしてきました。

今日は、セイコー。

午前中は、アルバのルークス。

image


image


午後は、アルバのフィールドギア。

image


image



ああ気持ちが悪い。

昨日はTGIPFだったため、飲み過ぎてしまいました。しかし耳をすませば、何度見ても、泣けますなあ!それにしても、なんで僕は、聖蹟桜ヶ丘に家を買わなかったのか。僕ってヤツは…!

今日は、アルバ。ミッキーマウスの世界旅行。

image


コレ着けて外出するのは初めてです。コンビニ行くのも外出のうちに、入りますか?

image


image


image


やっぱり、ちょっと、分厚い。コレ会社に着けていくの、結構勇気いりますな。よし。

や、みなさん。こんばんは!もとい、耳をすませば!これは、こんばんは、とジブリの名作・耳をすませば、を合体させた挨拶です。全然合体してない。

そう、昨日金曜ロードショーで放送されていた、耳をすませば、の話なんですけど。

僕もね、思えばかなりの回数見たもんです。僕が中学生の頃、劇場公開されていました。
当時は、見てるコッチがこっぱずかしくなるわ〜、というのが感想。しかしながら、人間の感性ってのは変わるもので。会社入ってしばらくした頃になんとなくテレビで見たら、ポロポロポロポロ泣いちゃったわけです。

しかし今回はね、もう、シラ〜、ってなもんです。振られる杉村君のくだりを除けば。

最近のテレビの風潮なんですかね。なんなん、アレ?有名な台詞ビンゴ〜、お手元のリモコンのスイッチオン〜、とか。ちょいちょい水を差してくるのです。何なん、ソレ。なんなん。


今日は、時計を紹介。

37個目。シェルマンの、グランドコンプリケーションクラシック。

image

シチズンのグランドコンプリケーションクオーツを搭載、銀座の老舗時計店シェルマンが製造・販売していたもの。
白文字盤は現役ですが、黒文字盤は今は生産終了だったはず。
  • 型番:6770-T000878
  • ケース直径:40mm
  • ケース厚み:13mm
  • ムーブメント:Cal6771

image

社外製の革ベルトとDバックルに交換。

割と最近購入。白文字盤と悩んだんですが、黒文字盤のクールさにやられました。どことなく漂うスピードマスターっぽさもカッコ良いと思いまして。

image

↑このページのトップヘ