haochiのこそっと腕時計ブログ

腕時計、その他(スタバご当地マグ、ビールのラベル、など)収集癖のある30代中盤会社員です。腕時計、ヨメサンにばれないように、こっそりと。

2017年08月

うーん、機内で風邪を引きました。薬を持ってきていないからね、体を温めて気合いで治すしかないんです。

あとはそう、焼酎湿布。
しかし焼酎湿布、全国的な風習じゃないんですな!なんでも南九州限定らしい。焼酎湿布が効果あるというのが、風邪を引いているときにオジサン達が良く言う、酒でアルコール消毒や〜、の学術的な根拠だと思っていたんだけど。

まあ、こんな国には焼酎なんかないんですけど。しょうがないから、ホテルのミニバーに置いてあったウォッカで代替。うーん、効いてる効いてる!

ということで、40個目。湿布す、じゃなかった、シップスの時計。

image


どうやら、2015年10月頃に購入。確か、8000円だか10000円と割と高価でした。しかも電池切れ。
動かなかったらどうしよう、と、ドキドキしたのを覚えています。

image


コレは雑誌のビギンとシップスがコラボして売り出したやつのようなんです。

image


で、同型の色違いが2003年頃に売られていたはず。確か青文字盤のものを、当時付き合っていたヨメサンに貰ったんです。

しばらくは非常に気に入って毎日着けていたんですけど、まあ、無くしました。
無くしたというか置き忘れたんですが、当時付き合っていたヨメサンとの関係がうまく行っていなかった時期でもあり、革ベルトがボロボロになっていたこともあり、もういいや、と取りに行きませんでした。捨ててやったぜ、とばかりに。やさぐれていたのです。

image


その後、ある時に急に惜しくなり、シップスに行ったんだけど売っていない。しょうがないからネットで探して購入した、というわけです。

image


クラシカルな二つ目のクロノグラフに見せかけて、実は三つ目。
しかも、真ん中のは秒針、右は24時間計と、機械はきっと安いやつが入っていることでしょう。

image


ただ、確か直径36mm、パンダ文字盤風、クッションケース、と、僕にとってかなり格好良い要素が揃っています。割と着用頻度は高い。シップスさん、やるじゃん!

image

時計に数多の機能はありますが、わたくし、ワールドタイムが、好きなんです。長崎で言うところの、あちきはいっち好き!、というやつです。

39個目 シチズン アテッサ ATD53-3093

image


や、しばらく出張なのでね、毎日同じ時計なんです。だから、この期間は久しぶりに時計のレビューをしちゃおうかな、と、思い立ちました。奮い立ちました。むん。

image


ということで、アテッサのワールドタイム、海外モデルの紹介にお付き合いください。この時計、僕的にはかなり気に入っています。2016年に1.5万円くらいで購入。

ケースは飛行機のエンジンタービンにも使われる夢の金属・チタン製。
3針の、ソーラー電波時計。

特徴はやはりワールドタイム機能で、竜頭を一段引いて、秒針をベゼルに書いてある都市名に合わせて竜頭を戻すと、針がクルクル回り、その都市の時間になります。
竜頭を二段引けば、サマータイムのON/OFFもできる。賢い!

だいたいワールドタイムなんて機能、使用するのは何ヶ月かに1回だから、複雑だと忘れちゃう。ケース横のボタンを長押しして〜、とか言われても、困るんです。それが、竜頭の操作だけで完了するのは、非常にユーザー本位な設計だと思います。シチズン、やるじゃん!

image


直径は40mm。3針にしてはやや大振りだと思いますが、黒いベゼルが引き締めているのか、僕は気になりませんでした。

それに、書かれた都市名がアクセントになっていて、超カッコ良い。

image


が、何よりカッコ良いのは、バーインデックスだけのシンプルな黒い文字盤に、黒地で世界地図が描かれているところ。
角度によって見え隠れするのです。この、奥ゆかしさ!

image


ある日の僕は、パテックフィリップのようだ、言ってました。なお、僕は、パテックフィリップのワールドタイムの実物を見たことも触ったことありません。

image


サファイアガラスに無反射コーティング。割と反射してる気はしますが。

デュラテクトコーティングで傷にも強い。電波が良いところだったら、勝手に受信してくれる。まあ、僕のウチでは一切受信しませんが。

image


普段使いとしてはホント申し分ない。ただ、惜しむらくは、ソーラーなところと、標準が革ベルトなところ。そのため、コレ一本あれば他はいらない!とはね、ならなかったのです。サトシのように、キミに決めた!とはね、ならなかったのです。

革はね、どうしても夏場は着けにくいし、何より何日も同じ時計を着け続ける出張には、あんまり向いていないような。
ラグ幅は20mmだから、ベルト自体の選択肢は多く、今はヒルシュの赤いステッチが入ったものにしています。

image


しかし、洗うより慣れろ、とは。あの日の僕のしたり顔が、目に浮かぶようです。恥ずかしいことです。

今日からしばらく、ブライトリングの旧型エアロスペース。

image


僕ね、買い物以外は優柔不断なんです。だから旅行とか出張とか、何の時計にするか、いつも悩むんです。どれにしようかな、どれにしようカナ〜、っつって。
別に、カナに聞いたわけではありません。まあ、僕がもしもマナだったら、カナに聞いちゃうのかもしれませんな!ここぞとばかりに。

image


でね、今朝起きてからスーツケースの荷造りしていたら、なんだか急に焦ってきまして。こんなものを購入。Kindle便利ね!

image


しかし今日からなんですけど。もはや一夜漬けですらない。

しかし暑いですな!90年代くらいは、真夏でも30℃になることは稀だった、と言ってる人がいました。ホントかしら。オジサン達お得意の、昔を美化してるんじゃないかしら。

つーことで、グーグル先生に聞いてみました。

image


このグラフは日本平均で、この100年で1℃上がったそうです。対して東京は、3℃上がったそうです。なんと!
そして真夏日の回数もグーンと増えているのだと。昔はもっと涼しかった、っての、オジサン達の昔は良かった話じゃなかったんですな。

暑いので、ラバーベルトの時計を。タグホイヤーの、フォーミュラ1。

image


image

先週予約したプルームテック、今日受け取れるんです。パフパフ、じゃなかった、ワクワク!

こないだからね、パフパフのことが、頭から離れないのです。や、別に、そういう意味じゃないよ?

image


ホラ。プルームテックのね、単位、パフなんです。
パフて!パフュームに由来するのではないかと想像します。しかし、ダサい。
どうせなら、プルーム、とかにした方がまだ良かったんじゃないかな?または、JTのジェイ、とか。いや、それは無いな…

きっと、世の中のプルームテッカー達は、いちパフ、にパフ、、、って数えるんです。んで、吸い過ぎてお腹イッパイ的な状態のことを、パフパフだぜ、とか、言うんです。まあ、知りませんけど。

今日は、ブローバ。そこはかとなくジェンタっぽいやつ。

image


image

↑このページのトップヘ