haochiのこそっと腕時計ブログ

腕時計、その他(スタバご当地マグ、ビールのラベル、など)収集癖のある30代中盤会社員です。腕時計、ヨメサンにばれないように、こっそりと。

機械式・クオーツ、現行品・ビンテージ、アナログ・デジタル・デジアナ、なんでもありの素人が、ヨメサンにばれない範囲でこそこそ細々書いています。
と言いながらも、そろそろ気づいちゃった方もいらっしゃるのではないでしょうか。コレ、本当に腕時計ブログかしら?って。そうなのです。コレは腕時計ブログの皮を被った別ななにかなのです。

2020年05月

唐突ですが、この外出禁止期間に、わたくしが学んだことがあります。暇を持て余した子供とYouTubeの組み合わせは危険である。

連中、表示された関連動画をドンドン再生していくので、何か不適切なものが再生されやしないか不安になる。僕のアカウントに変なのおすすめされやしないかしら、心配ですよね。

去年、ウチの子が通っている学校から、YouTubeのPeppa Pig(幼児向けの豚の女の子が登場するアニメ)動画には数年前に自殺教唆事件を引き起こしたブルー・ホエール・チャレンジへの動画にリンクする悪質なものが混じっているので気を付けるように、との注意が送られてきたこともありました。

そこへいくと、Apple Musicでミュージックビデオを流す場合は、プレイリストに入れておいたものしか流れないから安心。
つまり、Apple Musicの本領はミュージックビデオで発揮されるということです。

しかしながら、Apple Musicの検索方法、あんまりユーザーフレンドリーとは言えない気がします。

それに、まだあんまりミュージックビデオが揃ってないんですかね、曲はあってもミュージックビデオは無いものがたくさん。だから、Googleで「子供向けに人気の曲」を検索、それで目星をつけた曲をApple Musicでミュージックビデオがあるかな〜、という2ステップで調べたんですが、超時間かかった。

ということで、今日は、「Apple Musicでダウンロードできる子供向けミュージックビデオ」をご紹介します。

ウチの子が再生した回数が多い順に10位まで並べています。Apple Musicのリンクを貼り付けるやり方が分からなかったのでYouTubeの公式動画を貼ってみました。

1. ももいろクローバーZ 「Moon Pride」


2017年のセーラームーン新作の主題歌だったみたいですね。アニメを見ている感じで、このビデオをじっと眺めています。

2. 星野源「ドラえもん」


ダンス踊っている女性がスカートをフワッとした時に短パンがチラッとしてドキッとします。主に僕が。

3. ピコ太郎「PPAP2020」


キラメイジャーの人だ!、っつって見てます。

4. オトッペ「OH!OH!オトッペ」


NHK教育テレビで朝放送されているアニメ・オトッペの歌。
ミュージックビデオの映像がアニメだと子供の食い付きが違います。

5. Egirls「YMCA」


映像にダンスがあるのもポイントみたい。

6. Dream Ami「try everything」


ディズニーの映画「ズートピア」の日本語版。本家とだいぶ雰囲気違いますね。やるのよ〜、とか言って。やるのよ〜

7. ももいろクローバーZ「サンタさん」


ジングルベルのメロディーが入っているので、とっつきやすかった模様。
なお、このビデオのせいで、ウチの子供たちが「なんとかちゃんの〜ちょっと良いとこ見てみたい〜」という馬鹿な大学生の一気飲みコールみたいなのを覚えてしまった。先が思いやられます。

8. ジャクソン5「I saw mommy kissing Santa」


これも映像がアニメだからでしょうね。よく見てます。

9. Dream5「ようかい体操第一」


ようかいウォッチのアニメもまだ見てないんですが、友達の家かどこかで目にしたようで踊っています。

10. 上原りさ「ベイビーシャーク」


この方、おかあさんといっしょの体操のお姉さんだった人ですよね。安定感が抜群。
おかあさんといっしょ系やNHK教育のアニメの歌もApple Musicにはあるんですが、ビデオは無いんです。Appleさん、ミュージックビデオの拡充をお願いします。






以下楽天市場の加坪屋のブログによると、tissotの懐中時計が6月1日から値上がりだそうです。

ユニタス搭載の手巻きモデルが、67,100円から96,800円に。

IMG_8757




クオーツも値上がりだそう。新価格は書いてませんでしたけど、旧価格は23,100円。

IMG_8756



今日は5月30日。もう時間はない、加坪屋さん、ギリギリ過ぎるよ!
未だに胸の奥にいる中学生男子が懐中時計カッコ良いよう懐中時計欲しいようと囁いてきます。でも約7万円かあ。

クオーツには手が届きますが、蓋が無いんですよね。やっぱ懐中時計は懐からサッと出して蓋をパカリ、そして鎖をジャラリ、がポイントだから。悩ましい。

今日は、swatch x BAPE。

FullSizeRender



ライブドアブログのアプリを使っている方がどのくらいいらっしゃるのかわかりませんが、この数日アプリの調子が悪くないですか?
いろいろ遅いというか、マイページを開く時もなかなか読み込まないし、書きかけ記事の保存や投稿ボタンを押してからしばらくグルグルして結局エラーになっちゃう。アプリを一旦削除してインストールし直したらいいのかしら。うむむ。わからん

昨日は、ビクトリノックスのINOX V。
FullSizeRender

FullSizeRender

早めに言っておきますと、今日も腕時計関係ない話題です。恐縮です。

ずいぶん昔にブログランキングに登録をしています。何位かな、と思ってみたら、60位とか80位とかをウロウロしていました。ランキングに飛ぶボタンをスマホから設置する方法が分からなかったからね、そのせいかしら。

ということで、外出禁止の影響で暇で仕方ないこともあり、調べてみたので備忘として残しておきます。
手順は以下の3ステップでした。超簡単だった。
  1. バナーのURLを取得しよう
  2. ライブドアブログの定型文にバナーのURLを登録しよう
  3. 記事に貼り付けよう

1. バナーのURLを取得しよう

(1)にほんブログ村の場合

・マイページからMENUを選択。

FullSizeRender

・「ランキング参加」を選択。なお、フォロワーはゼロ人。別に気にしてないだもんね!
FullSizeRender

・「INポイントランキングバナー」「PVポイントランキングバナー」を選択。
IMG_8693

・バナーのURLが表示されます。これをコピー。しかし、INポイントとかPVポイントとかって、なんなん…。

IMG_8694


(2)人気ブログランキングの場合

・マイページに入ると、「リンクバナーの取得はこちらから」と書いてあります。親切。
FullSizeRender 

・カテゴリーバナーのタグをクリック。
FullSizeRender

・「タグをコピー」をクリック。
FullSizeRender


2. コピーしたバナーのURLをライブドアブログの定型文に登録しよう。

・ブログ設定をクリック。
FullSizeRender

・「定型文設定」を選択。

FullSizeRender


・「+定型文を追加する」を選択、名前を付けて保存。

FullSizeRender


3. 記事に貼り付けよう

・クリップボードっぽいアイコンをタップ。

FullSizeRender

・定型文一覧に登録したバナーの名前が表示されるので、選択して完了をタップ。

FullSizeRender

↓こういうタグが記事に貼り付けられます。うーむ、洗練されてますな。グッとブログっぽくなりました。




ということで、ブログランキングのバナー設置手順でした。もしかすると、ブログランキングのバナーを設置したいんだけどやり方がわかんないよう!、という方がいらっしゃるかもしれないのでね、敢えて記事にしました。決してネタが尽きたわけではありません。

ところでみなさん、雑誌や文字数の多い本をいまでもiPhoneやkindle端末のちいちゃな画面で読んでやしませんか?

このままだと、みなさんの眼輪筋が、眼精疲労が、危険だ! ということで、わたくしがひとつ耳寄りな情報をお伝えしましょう。

kindle本、パソコンで読めるようになってましたよ。

遡ること7年前、わたくしがkindleデビューをかました2013年当時、パソコンでkindleの電子書籍を読むことはできませんでした。

正確には、MacのApp Storeでkindleアプリがあり、ダウンロードはできたものの、日本のamazonアカウントには対応していなかった。米国amazonで購入したkindle本しか対象になっていなかったのです。

それが、日本amazonで買ったkindle本を読めるようになっていたんです。わたくしは今日知りました。

IMG_8669

↑コレ。

しかし、「国際エコノミー便を利用した場合、最短で6/16-23のお届け予定です」との記載は一体…。ホントにamazonかしら。怪しい!

不安な方はAppleのApp Storeでもダウンロードできるみたいなのでね、そっちで検索ください。


IMG_8667

↑5年前のアップデートで日本マーケットに対応した、と。すなわち2015年から、パソコンでもkindle本を読めるようになっていた模様。

ということはつまり、この情報、僕に届くのに5年かかったということ。いくらなんでも遅過ぎやしないかしら。あれれ〜、ニュースが、遅れて、届いてくるぞ、っつって。デジタルトランスフォーメーション時代のいっこく堂か!

ということで、毎度腕時計と関係ない話で恐縮でした。

しかし、この変化の早さが叫ばれる時代、5年前のニュースがいまだに有効ってのも興味深い。kindleは5年前から一切進歩していないということになるのでは。kindle大丈夫かしらん。

↑このページのトップヘ