昨日ネットを眺めていたら、「熱海まではJR東日本で、三島からJR東海なので、その区間を跨ぐとスイカ的なカードでそのままピッと改札を出られませんクソが」、といった趣旨の記載を見かけました。

それ見て、あの日のムカムカした気持ちを思い出したんですけど、確かにそうでした。ピッと改札出れなかった。

今年の夏に、小田原と三島方面に行ったんです。小田原の隣駅からスイカで乗車して、三島で降りたら長蛇の列がありまして。壁にはこの看板。

image


福岡の「はやかけん」が東京で使えるこの時代に!東京メトロに乗ってたつもりがいつの間にか東急東横線になってるこの時代に!なんで同じJR内でそのまま精算できないんでしょう。ドル箱路線こと東海道新幹線を抱えるJR東海の傲慢でしょうか。

まあ、ピッと改札出れるのが当たり前だと思うな、っつー、便利になり過ぎた世の中への警鐘かもしれないですな。たまには切符買え、失くさないようにと切符を汗ばむ手で握りしめたあの日を思い出せ、っつーJRならではの粋な計らいかもしれないですな。

今日は、TISSOTのナビゲーター。

image


image