僕ね、日本ってスゲーなあ、って思っている点がいくつかありまして。べ、別に国粋主義者じゃないんだけどね!

そのうちの1つが、最近流行りの、戦国武将の女体化、なわけです。新撰組の美男化までは分からんでもなかったんですが、まさか性別を変えてくるとは。しかもこう、なんつーか、萌え方向に行くとはね、おったまげたもんです。

でね、話は逸れるんですが。みなさん、「ザ・ゴール」って本、ご存知ですよね?日本ではハリーポッターより売れた、で有名な。作者のゴールドラット博士が17年間日本での出版を許さなかった、で有名な。黄色い表紙の、分厚い本。

その本がね、何年か前に、漫画になっているんです。

IMG_4521

すぐ漫画にしちゃう。舞台は日本に変わり、主人公のアレックス・ロゴの名前は、荒木吾郎に。そして、登場する女性には漏れなく若干の萌えが添加されている。さもありなんですな。

そんでね、「ザ・ゴール」の続編で、「ザ・ゴール2」ってのもあります。

IMG_4518

主な登場人物の1番左、ドン、って人がいます。確か、ドン・ペダーソン、って名前の男性。主な登場人物の欄では扱いが雑ですが、主人公の右腕的な、かなり大事な役割を果たします。更に続編の「クリティカル・チェーン」では、影の支配者的な存在になる人物。

そして、「ザ・ゴール2」も、漫画になっています。漫画におけるドンが、こちら。ドーン。




IMG_4516

ドーン!何があったのかな?資格がたまたま取れたというよりむしろ、たまたまが取れてしまっている。なんつってね!

いやーまさか、ビジネス小説で女体化があるとは。僕もいっぱしのビジネスマンのつもりでしたが、たまたま、じゃなかった、まだまだのようです。そしてなんなんこのキャラ設定。最後まで読みましたが、もひとつ活かしきれていない印象。

今日は、フレデリックコンスタント。

IMG_4522
IMG_4523