セイコーのダイバーズの代名詞と言えば?

そう、ツナ缶。つまり、「外胴」こと、外胴プロテクター。ですよね?僕もそう思いました。やっぱ「外胴」だな、って。

IMG_6686

しかし、概して値段、高くない?プロスペックスのでも、4万円超。マリンマスターは超高い。そりゃあ、本格だからね、高いのは仕方ない。
そしてデカい。50mm超。「ミニツナ缶」でも、45.9mmらしい。そりゃあ、本格だからね、超デカい。

一個、アルバのアクアギア持ってますが、デカいです。外胴タイプですが、ラバー製のプロテクターのため劣化がひどい。

IMG_7148


まあ、そんなこんなで。本格ダイバーズウォッチなんて代物は、僕みたいな、ひ弱な丘ダイバーには縁がないということでしょう。

つーか、わたくし、丘なんて行ったこともないし。丘ダイバーですら、ない。つまりは部屋ダイバーか。
いやいや、僕の想像するダイブっつーのはもっと凄いものなのです。なんつーかこう、ズボッとフルフェイスのヘルメット被って、電脳世界でデスゲーム、的な。
翻って、僕がやってきたのは、せいぜい布団にダイブ、くらいか。最近ではヨメサンに怒られるからやってないし。実家であればコタツにもダイブも、できたんだけど、東京にはコタツのスペースが、ない。
そんな僕には、なんつーか、部屋ダイバーの称号すら、烏賊がましい、もとい、烏滸がましいのでは。むしろ僕なんて、ただの、部屋、みたいな。お部屋探しマストくん、みたいな。

そんなね、僕たち向けの、都会的な「外胴」があるの、ご存知でしょうか。まあ、僕が色んな人のブログを眺めて知っている範囲ですが。

ひとつは、たしか90年代のアルバの名品・オービタックス。

IMG_6648


詳しくは以下。超カッコ良い。


でもね、残念ながら、とうの昔に廃盤。最近の潔癖なみなさん。中古時計なんかダメな方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、コレ。現行品のワイヤード。

IMG_6672


実売16000円くらいで手に入るみたい。つーことで、コソッと購入。僕が買ったのは、AGAJ407。

IMG_6640

実家に行ったついでに、買いました。ヨメサンにはバレっこない。ウフフ!

IMG_6641

直径は45mm。ラグがちゃんとあるのが良い。
でも、ラグが短いので、わりとすんなり手首に収まるサイズ。

IMG_6642

話は変わりますが、新幹線で551の蓬莱。定番ですな!ただ、臭いってことで、そろそろJRから禁止されちゃうという噂も聞きます。

IMG_6643

コレね、スイープ運針なんです。セイコーにもあったのね。

IMG_6644

ロゴはwired。日付が無くて左右対象になった文字盤もポイントが高い。

IMG_6645

防水は、20気圧。見た目だけなんですが、部屋ダイバーにはオーバースペック。

IMG_6646

ね?しっかり外胴。文字盤の色は、紺というかえもいわれぬ紫。気に入りました。

IMG_6647