今日、会社の掃除のオバチャンから、あなたジェット・リーに似てるわねえ〜、って、言われまして。
僕は基本的に知らない人と話すのは苦手なのでね、声をかけられた時には、何だよ忙しいんだよ感を全身で表現するんですが、今日ばかりはマジ〜!ありがとう〜、って。満面のニコニコで振り返りました。そしたらオバチャン、ウォーターサーバー用の巨大なペットボトルの蓋を取り外そうと悪戦苦闘していて。褒められて気分が良かったのもあり、らしくない漢気を見せて、代わりにやってやるよ!、とね、まかしときんしゃい!、と、引き受けました。カンフー的なポーズで。ビシッと。
したら、思いの外、固くって。最終的には、オバチャンの手を借りて、二人掛かりで取り外しました。で、オバチャンからは、体力をつけた方が良いわよ、という有難いアドバイスを頂戴したわけです。余計なお世話だ!

でね、それはそれとして。僕、芸能人に似てると言われたことなんか、10年ぶりくらいでした。
当時、僕、アメリカにいまして。スポーツバーの店員のアメリカガールから、当時人気だったアメリカドラマのheroesのなんちゃらに似てるね、と言われました。僕はそのドラマ知らなかったんだけど、満更でもなくてね、ムフフこいつ俺に気があるのかな、なんつって。多めにチップ払って。家に帰ってから調べてみたんです。

IMG_8062

これね。イケメンがたくさん出演している。これは期待できる!で、僕が似ていると言われたのはどれかな〜、と。それがこちら。ナカムラ氏。


IMG_8061

ぽっちゃりした、オタク・サラリーマン。悪口じゃん!でも、確かにこっち系の見た目であることは、認めざるを得ません。無念。あ、でも時空をあやつるのはカッコ良いですな。ボス並みの能力。

まあ、側から見ると自分がこんなポッチャリに見えるということにショックを受けたのでした。で、ヒーローズは見ませんでした。

しかしながら、そのポッチャリしていた僕が、今やアジアを代表するイケメン俳優ジェット・リーに似ているらしいすから。時空を超えるかなんかして、遺伝子を入れ換えたとしか思えません。
 
で、ふと気になったんです。ジェット・リー、どんな顔してたかなって。調べてみました。

IMG_8063

これ、ジェット・リー?リアリー?僕、こんな見た目だったの?時空を超えてしまったとしか考えられない。浦島太郎の気分。きっと、僕の中に眠っていたナカムラの時空をあやつる力がなんやかんや発現してしまったのでしょう。
よりによってこんなオジイチャンとは。そりゃあ、体力の心配もするでしょう。これで体力なきゃ、下手したら寝たきりになっちゃう。

今日も、ビクトリノックスのi.n.o.x V。

IMG_8064