ゴルフの素振り、効果あるんでしょうか?よくオジサンがやってますよね、エア素振り。ホラ、思い出してください。交差点でも、向かいのホームでも。ね?他にも色んな場所で見かけます。明け方の街でも、路地裏でも、桜木町でも、夢の中でも。だんだん山崎まさよしの歌詞みたいになってきました。

で、あんなに所構わず素振りをしてるけど、ホントに効果あるのかしら、と皆さんも疑問をお持ちだと思います。

話は飛びますがわたくし、先日153という、ボーリングに出しても恥ずかしくないスコアを叩き出しまして。もう40の声が耳元で聞こえる年だというのに、恥ずかしいことです。ハンディキャップは36だか何かが上限だからって、ハンディ後のネットでもまだ110ちょい。グロスでもネットでも、圧倒的ブービーメーカー。
世界ゴルフ連盟はボールをドロップするのを肩の高さから膝の高さにするとか、細かいチマチマしたルール改正じゃなくて、ハンディキャップは節分の豆と同じように年齢の数を上限にするとか、グリーンに乗ったらオールOKとか、OKの一打カウント撤廃とか、そういうドラスティックな改正を行なって欲しいものです。まったく。

来週、またゴルフしないといけないのです。まったく、ゴルフコースと違って人生は平坦ではないですなあ。
しかも、お客さんと回る。150はちょっとマズい。せめて努力の痕跡だけでも残さなければ。でもゴルフ打ちっ放し練習場はウチから遠いし、何より打ちっ放しってクソつまんないよね。僕は、テレビ見ながら練習がしたいんだ!

ということで、週末、ゴルフ道具屋に行って、素振り用品を買ってきました。

コレ。

IMG_3531

珍妙な羽根が4枚の、その名もswing fan trainer。折り畳めないので嵩張って邪魔、自立しないので、なお邪魔。とにかく邪魔、目障り。しかも、日本円にして8000円くらいしました。高い!でも、コレで僕のハンデが一桁になると思えば決して高い投資ではないのでしょう。なるのかしら。

ネットで調べてみると、Amazonでも良く似たのが売っている。藤田コアスイングという商品。藤田氏何者。そっちは瓢箪型で色もマットなブラックでスタイリッシュ。わたくしのswing fan trainerと同じタイプの四角い羽根のものは、2000円ちょっとでした。ガーン。

振ってみると、羽根に風が当たって、多少の抵抗を感じます。ブンブン風を切る音は、まるで芭蕉扇!そのうち遠くの物がスパッと切れたりして。

これから10日間、ゴルフ練習強化週間として、毎日5分素振った上で本番に臨みたいと思います。僕のスコアはどこまで改善するのか。もし劇的に改善したら、「全てのコンペでビリのオジサンが10日でスコアを50上げて慶應大学ゴルフ部の現役の人くらいになった話」を上梓したいと思います。略してビリオジ。いけそう!最近の若者のゴルフ離れ、食い止めてくれることでしょう。しかし上梓て。文豪気取りか。

まあ、50上げても100を切らないのが痛いところなんですが。そしてゴルフのスコアって、50上げちゃダメでした。そこは下げなきゃ。

今日は、ブライトリングのコルト。クオーツ。

FullSizeRender

FullSizeRender