IMG_4736

  • メーカー:レビュートーメン
  • ケース径:34mm(確か)
  • ラグ幅:14mm
  • ムーブメント:クオーツ
  • 防水:100m
リューズが2時位置と変わっていることと、オメガの古いシーマスターっぽい文字盤デザインに惹かれて購入。

IMG_4738

この時計については情報が殆ど見つかりません。
購入したミゾラーウォッチマンさんのブログの他には、海外のコレクターの方のブログだけしかありませんでした。

1980年代に、デザイナーのgian matteoという人のブランドで、レビュートーメンが製造していたみたい。赤や黄色といったカラフルでファンキーなモデルが多いそうです。

IMG_4989

ミゾラーウォッチマンさんはイタリア製の引き通しストラップを付けて販売していました。

が、僕としてはちいちゃいダイバーズウォッチ感を押し出したかった。そこで、根元がぐねぐねになったダイバーズウォッチっぽいラバーバンドに交換。非常にしっくりきて、やはり俺の審美眼はなかなかのものであったと満足しました。

IMG_4735

着用イメージはこう。

IMG_4994

長袖の上着を羽織っている時には、ちいちゃな時計が合うような気がしています。

IMG_4993

半袖の場合には、存在感のある大きめの時計が良いかもしれません。

IMG_4737

裏蓋。スクリューバックでした。gialloの他の時計には、made on earth by man、という、言葉の意味は分からないけれどなんだか含蓄のありそうな言葉が刻んであったそうですが、コレには特になんにもない。寂しい