ロゴがなー。惜しいんだよね。なんつーか、中学校の男子トイレの壁の落書きにありそうというか。僕の極私的感想なので、不快に思われた方いらっしゃったらすみません。
そして、そんな低俗な落書きが書いてある学校に通わないといけなかった陰キャは大変だったろうになあと同情してください。  

IMG_4015

あと、ゾディアックって名前も、ちょっとインパクトが強過ぎじゃない?カッコつけ過ぎっていうか、完全にカッコ良いもんね。あの頃の僕が知ったら、さぞ興奮したことでしょう。黄道十二星座じゃん!、っつって。真・天狼星じゃん!、っつって。

IMG_4660

ゾディアックは、1882年にスイスで創業。本当はこんなブログがキャイキャイ言ってはいけないくらいの、完全なる老舗です。

しかしながらクオーツショックの後は業績が低迷し、1979年に創業者一族が会社を売却。1982年にはゼニスの傘下に入ったもののほどなくしてまた売却され、最終的には2001年にアメリカのフォッシルが買収、今に至るようです。

IMG_4661

では、そのフォッシルとは何者? 

1984年に創業した完全なる新興企業。僕より若いやん!当初は時計を作っていたわけじゃなくて輸入したファッションウォッチを売っていた会社だったそうです。で、ファッションウォッチの売れ行きが良かったから自分で作る方に展開していったそうです。

1985年から自社ブランドの時計の製造を開始。今では、エンポリオ・アルマーニ、アルマーニ・エクスチェンジ、ディーゼル、バーバリー、DKNY、マイケル・コース、マークジェイコブス、アディダス等々、僕でも聞いたことのある有名ブランドと次々とライセンス契約を結び、それらのブランド名の入った時計を製造・販売をしているんだそうです。所謂、三陽商会スタイル。つまり、他人の褌で相撲を取るスタイル、ってことですね!おっといけない、口が滑りました。

加えて、前述のとおり2001年にスイスの名門・ゾディアックを買収。
さらに、2012年にはデザインは北欧製造は中国で有名なスカーゲンも買収。さらにさらに、2015年にMISFITを買収。今では、MISFITの技術を使い、色んなブランドでハイブリッドスマートウォッチを出してます。コレが格好良いんだよね、悔しいけど。

そんなフォッシルグループにおいて、ゾディアック、どんな立ち位置なんでしょうか。結構難しそう。

他のメンバーと毛色がだいぶ違うけど、ちゃんと居場所あるのかな、ゾディアッ君。チャラチャラした若者向けの連中に囲まれちゃって浮いてないかな、ゾディアッ君。アナログだからって、ブルートゥース付いてないからって馬鹿にされていないかな、ゾディアッ君。なんだか感情移入してきちゃいました。

69個目 ゾディアック シードラゴン クロノグラフ クオーツ

IMG_4663

  • 型番:Z02211
  • ケース径:42mm
  • ケース厚:14mm
  • ケース素材:ステンレス
  • ラグ幅:20mm
  • ムーブメント:クオーツ(RONDA5030Dを横2つ目クロノにmodify)
  • 機能:30分積算計、60分積算計、回転ベゼル
  • 防水:100m
  • 風防:サファイアガラス
2000年代後半に発売されていて、定価は3万円くらいだった模様。

積算計とクロノグラフ秒針がピンク。ショッキングに近いピンクだもんで。差し色を楽しむというにはインパクトが強過ぎる。格好良いんだけどね、まだ会社には着けて行ったことありません。

このクオーツのシードラゴン復刻、他にもオレンジ色やライムグリーン、黄色、水色などのカラフルな文字盤で展開していていました。
文字盤に色を合わせたカラフルな穴あきラバーベルト仕様もあって、なかなかこれ良い。紳士のリゾートスタイルにピッタリです。

保守的な方は、白文字盤や黒文字盤もあるみたいなのでそちらをどうぞ。僕は個人的にカラフルなモデルをお勧めしますが。例えばコレ。

ライムグリーンのクロノグラフ。17800円。

知名度のせいかロゴのせいか分かりませんが、日本ではゾディアッ君、人気ないっぽい。最近のは自動巻だけど10万円を超えていて、ちょっと敷居が高くなってるんじゃないかと思います。

ヤフオクやメルカリなどの落札履歴を見たところ、どうやら1万円前後でも手に入りそうなので、気になった方は是非探してみてください。