先日、会社の同僚と昼食を一緒に取りました。誰かと昼飯を一緒にするなんて、この一年で2回目くらい。
この一年、わたくし、ほぼ毎日サブウェイの日替わりサンドイッチを買ってオフィスのデスクで、口の中にもそもそとパンを押し込んできたんです。サブウェイの日替わり、15cmサイズが400円くらいで超お得だから。

加えて、定着してしまったサブウェイ好きキャラは居心地が良かったのも事実。今日もサブウェイ〜?と聞かれて、ハイそうです〜、っつって。昼飯を一緒に食べてくれる相手を探してキョロキョロ右往左往するのは、もう、嫌なんや…!

この一年、サブウェイを定点観測してきましたが、奴ら、日替わりメニューを一切変えない。この変化の早い時代、圧倒的な安定感。だけども、正直飽きてきたんじゃないかなと。パンをセサミからオレガノに変えたりマヨネーズやめてドレッシングにしてみたりハラペーニョ多めにしたりね。試行錯誤しましたが、食欲が湧かない。もうサブウェイ自体に飽き飽きしていた、というのが結論。

そんな状況で、現地スタッフの同僚が声をかけてきて。オススメのスシ屋に行こうと。僕は、気だるい昼下がりに抑えきれない情動を心に抱えた団地妻のように、一も二もなく誘いに乗ったのでした。

まあ、僕も海外経験そこそこあるのでね、大体想像していました。どうせ、ベチャッとしたご飯とクリームチーズとアボガドとサーモンでしょう?と。期待をせずに着いて行ったわけ。
そしたら、茹でたチキンとアボガドとクリームチーズ。マグロとクリームチーズ。サーモンと胡瓜とクリームチーズの一旦ロールを作った上で衣をつけて油で揚げたテンプラロール。それをテリヤキソースにディップして食べる。
子供のおままごとか、そうじゃなかったらバカなバイトの悪ふざけツイッターかと。目を疑いました。もう二度と一緒に昼食行かない。

つまりね、もう飽き飽きだウンザリだと思っていても、実は慣れ親しんだサブウェイが最高だったという話です。そう、たいせつなものは目に見えないのだ、とも言い換えることができる星の王子さまみたいな話でした。

今日は、ブローバのアキュトロン2 ムーンビュー。

IMG_9835