こんな記事がありました。

「若手社員の出張 エコノミー検討 トヨタ、「好待遇」是正へ」

変更対象は資格が主任職以下の社員で、20〜30代が多い。現行基準では渡航時間が10時間以上の出張では、ビジネスクラスを利用。見直し後は渡航時間の長さに関わらず、エコノミークラスの利用とする。<中略> 一方、部長や室長などの管理職については渡航時間が4時間以上、課長級の基幹職と主任職は10時間以上の出張で、いずれもビジネスクラスを利用しているが、今後も見直しはしない。
ということだそうです。他人様の会社内部の決まりに口出しする人はいないと思いますが、なんの意図でわざわざ発表したのかしら。

そして、この「渡航時間」の定義が、(1)一本のフライトで10時間、(2)乗り継ぎフライト合計で10時間、はたまた(3)フライト時間合計に乗り継ぎの場合のトランジットの待ち時間まで含めて10時間、のどれなのかが、わたし気になります。

今日は、シチズンのクラブラメール。コスモサイン。

FullSizeRender

FullSizeRender