今日は、セイコー アルバのオービタックス。クロノグラフ。

IMG_6152

数年前にヤフオクで購入。これオリジナルの金属ブレスが付いていたんですが、手元にあった赤いオービタックスに付けて会社の後輩にあげてしまった。
ブレスだけ別に探そうと思っていましたが見つからず、数年間棚の箱の中で眠ってました。

FullSizeRender

このオービタックス、ラグの形状がやや特殊。そのため、時計本体側が凹になったベルトが必要。

↓図解。つまりこういうこと、ビルじゃありません。要するに取付部が凹んでるベルト。

IMG_6156

そりゃあ、できることなら純正品が良い。ナイロンのとか、吉田カバンのポーター風でかなり良い感じなのもあったみたい。しかしながら、90年代の品なので、当然廃盤。

ということで、中古で本体のみが安かったからと飛びついて手に入れてみたはいいものの、ベルトが無くて使えなくて困っている方がいらっしゃると想像します。おまおれってやつです。

IMG_6149

で、今回見つけて取り付けてみたものは、カルティエのパシャ用のベルト(社外品)。凹部が10mmのものだったかと。

FullSizeRender

残念ながらピッタリとはいかない。取付部からはベルトの横っちょが覗けてしまいます。

まあでも、実用には問題ないでしょう。厚みも悪くない。欲を言えば、革ベルトであれば白いステッチが入っていた方が文字盤と一体感が出たんでしょうが。

時計趣味の方は、概して手先が器用だから、ベルトくらいちょちょっと自作できちゃうのだと思います。
しかしながら、中には僕みたいな既製品頼みの他力本願な方もいるかもしれないのでね、参考までに共有させていただきます。