最近kindle unlimitedで読んだ本。

堀江貴文著「健康の結論」(KADOKAWA)。

IMG_6139

終始地に足の着いた、非常に真面目なお話でした。もっと突拍子のないことをおっしゃる方かと思ってたんだけど。僕の記憶に残ったのは、3点。
  • 40歳を超えたら毎年大腸がんの検診を受けること。うーん、海外在住のため一般的な健康診断しか受けれていないので、なんだか不安を煽られてしまった。ドキドキ。
  • 「フロス or ダイ」は他の著書でも見た記憶があります。「ダイ」じゃなくて「デス」にして韻を踏ませた方がいいんじゃないでしょうか。
  • プライドと自信のバランス。なるほど。
つまり、自信を失ってプライドだけが高いと破綻する。(中略)自信は小さな成功体験の積み重ねである。だから潰れたときに、急に付け焼き刃で自信を復活させようとしても難しい。プライドの重しを外して、バランスを拮抗させるのがいい(後略)
あと、小太りの方が長生きする、というのも記憶に残りました。さすが堀江氏、何かと自信を失いがちな世の小太りおじさんたちに早くも自信を与えてくれました。これで、シュッと痩せて偉そうなこと言ってる若者たちと相対しても気後れせずに済むことでしょう。

今日は、ハミルトン。

FullSizeRender

要するに牛肉ばっか食べてたら大腸がんになりやすいってことですな。なんだか急に心配になり、サラダ買ってしまった。流されやすくて恐縮です。

FullSizeRender