アメリカのヒューストンで飛行機乗り継ぎましたが、機内でも空港ターミナルでも、マスクを着用している人が目に付きました。やっぱり新型肺炎への警戒ですかね。

ちょっと前まで、海外でマスクを着用すると物凄く深刻な感染症の持ち主だとみなされて警戒されるからマスクはやめといた方が良い、とか、なにかとマスクする日本人はオカシイ異常民族である、とか、自称旅慣れた人たちや自称グローバルな常識人たちから有難いアドバイスを頂戴していたもんですけど。時代は変わりましたな。

日本であんなにマスク着用が一般化したのは、2002年のSARSがきっかけという話もあります。今回の新型肺炎では、予防目的でのマスク着用が世界標準になるかもしんないですね。

しかしまあ、日本ではインフルエンザ風邪の予防に始まり、花粉の侵入防止、喉の潤い、メイクの代わり、などなどなどなど。みなさん、色んな理由で色んなマスクをしてらっしゃる。イーロンマスクって、やつですな。

かく言うわたくしも、混雑した電車の中で側に立つ知らないおじさんたちが吐いた息をダイレクトに吸い込むのが嫌で嫌で、マスクを常用していたクチであります。しかし、こうやって文章にしてしまうと、僕のことを異常に潔癖で他者に対する寛容さの欠片も持ち合わせない性格に問題を抱えた人間であると思われるかもしれない。違うんだよー

そういえば、キリスト教国では、クシャミをしたら近くの誰かが「ブレス・ユー」、と言ってくれる文化というか習慣みたいなのがありますよね。あれ、今はどうなってるのかしら。

マスクしないとなると、クシャミの際にはハンカチだったりティシュペーパーだったり肘だったり、素手だったり、そういうのでクシャミの飛沫をガードするわけです。
でもって、ハウドゥーユードゥーとかナイストゥーミーチューとか言いながらその手を差し出してくるわけですよね。この冬、アメリカでは新型肺炎以前にインフルエンザが大流行で死者2000人超、というニュースも見かけましたが、この辺りに理由があるように思います。

ちなみに、日本だとクシャミをすると周囲の人に「ブレス・ユー」の代わりに「マスクをしてください」と言われるんだぜHAHAHA。これ、外国において時折僕が繰り出していた持ちジョークでした。こうやって文章にして眺めてみたとこら、全然面白くないですな。こんなクソつまんないこと言ってたのね、得意気に。したり顔で。オレってやつは…

今日は、シチズンのコスモサイン。

IMG_6567