高級腕時計の購入に悩んだ際、背中を押してくれる材料のひとつに、「子供に受け継ぐ」というのがあるらしいですね。

では、腕時計愛好家の皆様の下に生まれた幸運なお子さま達は、高級腕時計を受け継ぐその日までの期間、どんなすんごい時計を使っているのでしょうか。審美眼を育む逸品でしょうか。それともチープカシオ・シチズンQ&Qあたりからステップアップしていくんでしょうか。興味シンシンですよね。

ところで話は変わりますが、おしゃれなイギリスのことわざに、好奇心は猫を殺す、というものがあります。これは中々死なない猫でさえ持ち前の好奇心が原因で命を落とすことがある、という意味。このままでは知りたがりなみなさんの命が、危険だ!

そこで、腕時計をわりと沢山持ってる部類に入るであろう、にわか愛好家たるわたくしめが、みなさんの好奇心を満足させるためにひと肌脱がしていただきましょう。決してネタが尽きたからではありません。

ということで、今日は、僕のうちにある子供用腕時計を紹介させていただきます。

IMG_7722

向かって左から、スウォッチ、メーカー不明のアナと雪の女王2ウォッチ(中国製)、タイメックス、アナと雪の女王2ウォッチ。

しかし、アナと雪の女王2ウォッチの文字盤、顔が哀しい。そのチョイスどうなん。ベルトのキラキラとの落差ったら。

FullSizeRender

ということで、ウチの子の腕時計はオモチャ同然のアナと雪の女王2ウォッチでした。