ゴールデンウィークがあったせいか、無料漫画が多く、なかなか活字に手が回りませんでした。ああ忙しい忙しい。

kindle unlimitedで読んだ本。本田直之著「レバレッジ・リーディング」

IMG_8466

同氏のハワイ本の影響で、タムラのポキ、サイドストリートインのキムチチャーハンとポークチョップ、アサヒグリルのキムチチャーハンとオックステールスープ、サニーサイドのキムチチャーハン、ボガーツカフェのアサイーボウルとキムチチャーハン、あたりを知りました。わたしはキムチチャーハンが好きです。

同氏はビジネス書も著作多数。「レバレッジ英語勉強法」は読んだことありますが、内容は頭に残っていません。きっと高尚過ぎたんでしょう。

この「レバレッジ・リーディング」は、「本は全部読まなくてもいい」、すなわち「目的意識を持って知りたいことだけじっくり読めばいい」というのが趣旨だと理解しました。
英語の新聞記事や本を読まないといけないときには、ざっと流し読みして知りたいことが書いてある箇所だけ辞書引いて理解しようとするので、それとおんなじことを日本語の本でもやったら良いのだ、という。

そのためのテクニックやら同氏の経験が書いてありましたが、その辺は同氏のアドバイス通り読み飛ばさせていただきました。

一点なるほどと思ったのは、流し読みをしながらも大事な箇所を見逃さないようにするかというテクニック。まず目次とあとがきを読んで全体を俯瞰しておき、その本から何を得たいかを目的意識を明確にしたら、カラーバス効果が発揮されるのだと。
このカラーバス効果、勉強不足にて初耳のワードでしたが、ボルボの車を買ったら街中でボルボがやたら目に付くようになった、という同氏の経験を見るとなるほどと思った次第。確かに、オメガのスピードマスターを買って会社行ったら思ってた以上に被りまくりな気がして萎えたことあります。

今日は、セイコーのネイビーボーイ。

FullSizeRender

FullSizeRender