ところでみなさん、雑誌や文字数の多い本をいまでもiPhoneやkindle端末のちいちゃな画面で読んでやしませんか?

このままだと、みなさんの眼輪筋が、眼精疲労が、危険だ! ということで、わたくしがひとつ耳寄りな情報をお伝えしましょう。

kindle本、パソコンで読めるようになってましたよ。

遡ること7年前、わたくしがkindleデビューをかました2013年当時、パソコンでkindleの電子書籍を読むことはできませんでした。

正確には、MacのApp Storeでkindleアプリがあり、ダウンロードはできたものの、日本のamazonアカウントには対応していなかった。米国amazonで購入したkindle本しか対象になっていなかったのです。

それが、日本amazonで買ったkindle本を読めるようになっていたんです。わたくしは今日知りました。

IMG_8669

↑コレ。

しかし、「国際エコノミー便を利用した場合、最短で6/16-23のお届け予定です」との記載は一体…。ホントにamazonかしら。怪しい!

不安な方はAppleのApp Storeでもダウンロードできるみたいなのでね、そっちで検索ください。


IMG_8667

↑5年前のアップデートで日本マーケットに対応した、と。すなわち2015年から、パソコンでもkindle本を読めるようになっていた模様。

ということはつまり、この情報、僕に届くのに5年かかったということ。いくらなんでも遅過ぎやしないかしら。あれれ〜、ニュースが、遅れて、届いてくるぞ、っつって。デジタルトランスフォーメーション時代のいっこく堂か!

ということで、毎度腕時計と関係ない話で恐縮でした。

しかし、この変化の早さが叫ばれる時代、5年前のニュースがいまだに有効ってのも興味深い。kindleは5年前から一切進歩していないということになるのでは。kindle大丈夫かしらん。