昨日、ポルシェデザイン  by IWCのコンパスウォッチを眺めていたら、コンパスウォッチ熱も再燃してきてしまいました。
コンパスウォッチ: コンパスを内蔵した時計のこと。磁石を持つコンパスと磁気の影響を受けやすい機械式時計の両立は難しいが、19世紀にはすでにあった。著名なものは1980年のポルシェ・デザイン「コンパスウォッチ」。ムーブメントを耐磁性ケースでくるみ、その下にコンパスを重ねている。

ただ、ポルシェデザイン  by IWCのコンパスウォッチ、高い。20万円は下回らないもんねえ。

わたくし、以前にも、コンパスウォッチが欲しくて欲しくて堪らなかった時期がありまして。

その時に購入したのは以下。ハンティングワールドのコンパスウォッチ


それから以下も。セイコーアルバの「ミッキーマウスの世界旅行」


↑こちら、腕時計紹介と銘打っておきながら延々と「いちこ100%」の話をしている。我ながらホントどうかしていました。読み返して辟易しました。すいません

僕が知る限り、コンパスとウォッチをアナログに合体させたのはIWC以外にはこの辺くらいでしょうか。他に無いか、探しているところです。

アルバの「ミッキーマウスの世界旅行」は、6時位置からガバッと開く構造はIWCと一緒。ミッキーマウス氏の絵柄も文字盤の世界地図にマッチしていて、コンパスのハンドはミッキーマウスの手になっているなど拘りもあり、本当にカッコ良い。ただ、もうちょっと薄ければね!
薄けりゃ薄いほど良いものなんてこの世にアレくらいしかないと思ってましたけどね、コンバスウォッチもそうでした。

今日は、セイコーのアルバ オービタックスクロノグラフ。

IMG_8843

IMG_8844