雑誌の後ろの方や、新聞の折り込み広告にありましたよね。風水やらなんやらの開運グッズ。黄色い財布やらブレスレットやら水晶のネックレスやら。で、時には腕時計も見かけた記憶も。

それらに共通していた意匠は、グネグネっとした龍だとかなんだとか、えらく格好良い絵柄だったこと。普段使いには向かない。端的に言うと、中二くさいのだよ。

しかしながら、今年の新型コロナ禍で改めて感じました。やはり世の中には人智の及ばない出来事というのはあるわけで、何か心の拠り所になるものが欲しくなる瞬間がある。

そんな中、新進気鋭のUNDONEさんがやってくれました。

禅CARTOGRAPHです。

ええー「禅」という漢字の旧字体が「褌」に見えて仕方がない?なんて罰当たりな。でも、僕もそうです。しかたないもんね!老眼だもんね!

禅CARTOGRAPHとは。以下、UNDONEさんのホームページの記載を引用いたします。
調査員の皆様、お待たせしました。この度「UNDONE」では、UNDONE ZEN [禅] CARTOGRAPHを発表いたします。この機器は、「Luck/幸運」を定量的・定性的な測れるもので、「羅盤」や「風水コンパス」を近代的にアレンジしたものです。(中略)星のマッピングを通じてあなたの運命を見つめるように、五行思想の要素である「木・火・土・金・水」のバランスを盤面にて確認できるのです。そこで見えた運命に従い、悪行や迷いに別れを告げましょう。

風水盤。憧れですよね。僕は、名作「ゴーストスイーパー美神」の香港編を読んで以来、風水盤にはひとかたならぬ憧憬を抱えていたんです。そんな風水盤が僕らの左腕に!そんな風水盤が載った左腕、もはや栄光の手と呼んでも差し支えない。

展開されるモデルは2種類。

1. スタンダード・エディション

FullSizeRender

FullSizeRender

2. リミテッド・エディション 

FullSizeRender
FullSizeRender

FENG SHUIはおそらく風水。つまり、「風水グランドマスター 」と言ってるんですよね。グランドマスターすなわち、老師。老師呼ばわりは男の夢ですよね。

老眼とは呼ばれても、老師と呼ばれる日はなかなか来ないわけで。夢が叶う!

機能はよくわかりませんが、なんだか凄そうですよ。

FullSizeRender  

竜頭が12時位置なのもユニークで良いですよね。きっと、左右対称に拘りがあるに違いない。

FullSizeRender  

黒文字盤に赤い針が映える。ストラップの赤いステッチもおしゃれ。

しかしながら、ちょっと文字盤中央の陰陽太極図がやり過ぎ感あるような。いや、僕は好きなんですよ、太極図。名作「封神演義」を読んだくらいから太極図にはひとかたならぬ羨望を持って眺めていました。あ、漫画のほうです。

ただね、この陰陽太極図は秒針としてクルクル回るのですよ。UNDONEさん曰く、「スピニング陰陽」。
詳しくはホームページでご確認ください。クルクルクルクル回っとる。万物の流転のスピード感よ!きっと、昨今の変化の速さを踏まえているのでしょう。

FullSizeRender

1番真ん中の円は五行。

FullSizeRender

次の円は24マウンテン。なんだろマウンテンて。

FullSizeRender

最後は星。なんか星座とかなんでしょうね。

FullSizeRender

そして裏蓋には、注文時に自分の干支を入力して、その干支が刻まれるのだと。オンリーワン感が増す、なんともニクい演出。

いやーこれは欲しい。上述のとおりど素人が故に全く分かっていませんが、UNDONEさんは結構本気で作ってるんじゃない?
僕としては、スタンダードモデルの方がモノトーンでカッコ良いと思います。