みなさん、ただいま日本女児にバカウケの腕時計をご存知でしょうか?

ウチの子の時計・MIX WATCH


それがこちら。バンダイさんの傘下であるメガハウスさんという会社が製造・販売している、Mix Watch


FullSizeRender
出典:https://www.megahouse.co.jp/megatoy/contents/mixwatch_sp/

要するに、パーツを組み立てて自分だけのオリジナル腕時計を作っちゃおう!、というもの。

日本おもちゃ大賞受賞だとかなんとか、華々しい絢爛豪華な実績を残しているらしい。



いやね、わたくしごとで恐縮ながら、先日、ウチの子が誕生日でして。


大泉逸郎ばりに孫に目がない僕の両親が、プレゼントを日本からDHLで送付してくれることになりました。んで、プレゼントにこのMix Watchを送ってくれたんです。ありがたやありがたや。でもそんな子供のオモチャより、マンションの頭金出してくれた方が嬉しいんだけどなあ〜!
いけないいけない、思わず本音が漏れました。


で、日本から僕の住む南米の辺境国までは、今でも国際郵便が再開しておらず、DHLとかOCSと言った、民間の輸送会社で運ぶしかない。


DHL送料はめちゃ高い。日本ー南米間は、確かA4封筒サイズに毛が生えたような大きさで1万円くらいしたから、きっと小包だと3万円はかかるはず。加えてこちら側での関税を約2万円払いました。

つまり、定価は4500円だか5400円のこのMix Watchを、約5万円かけて地球の反対側まで運んだわけです。ワーオ、サムシング…

ということで、このままウチの子らが使うだけでは勿体ないコストになってしまいました。

そこで、手持ちの腕時計は100個超腕時計ブログ歴6年目CWCウォッチコーディネーター試験合格者のわたくしめが、全力でレビューさせていただきます。

1. バリエーション

確か4種類。いかにも小学生低学年の女児の心に刺さりそうなパステルカラーの「ミルキースイート」、透明な「クリアジュエリー」、赤と黒が大人っぽい「ガーリービター」、そして「すみっコぐらし」のキャラクターもの。

ウチの子用に送ってもらったのは、パステルカラーの「ミルキースイート」と「すみっコぐらし」。こんな感じ↓。

FullSizeRender
出典:https://www.megahouse.co.jp/megatoy/contents/mixwatch_sp/


FullSizeRender
出典:https://www.megahouse.co.jp/megatoy/contents/mixwatch_sp/


2. スペック

スペックは以下です。
  • ケース径:30mm
  • ケース厚み:10mm
  • ムーブメント:日本製クオーツ
  • 機能:三針、ノンデイト
  • 防水:不明
  • ケース素材:プラスチック

3.特徴

「ミルキースイート」の方は、ベゼルが3個、文字盤シートが6枚、ベルト駒は3色付属。

自分で駒を組み合わせてベルトを作り、腕時計本体の方は文字盤シートを載せてベゼルで挟んで固定する、という仕様。

加えて、「デコパーツ」なるプラスチック製のリボンやすみっコぐらしのキャラクターが付いてきていて、それをベルトの繋ぎ目にパチっと嵌めてかわいくしちゃおう!、という趣旨。

それぞれのセットは互換性があり、例えば子供同士でデコパーツを交換したりすることも可能。


4. 感想

腕時計を自分で組み立てる組み立てキットで思いつくのは、「組匠」(くみたく)。あちらは機械式時計をムーブメントから組み立てる、というやつなので難易度はだいぶ違いますけど。

そういえば「組匠」は僕のウチにも転がっていたのを思い出しました。買ったはいいものの、あまりに難しそうで、積ん読ならぬ、積みプラモならぬ、積み組匠化している。

↓記録を探してみたところ、2016年8月に購入。あの日、ヨメさんに時計屋さんゴッコ呼ばわりされて下を向いた僕は、4年経った今も下を向いたままなのです。

FullSizeRender
子供が自分で組み立てられる腕時計としては、長野県諏訪市のセイコーのミュージアムでクオーツ時計組み立て体験があったくらいか。

きっと自分で組み立てるとモノへの愛着も生まれるのでね、良いことだと思います。

以下は感想。
  • ベルトがDバックルになっているあたり、凝ってる。
  • ベゼルは上から押し込んで固定するんだけど、既に緩くてきちんとはまらないものもありました。何回か付け外ししていたらそのうちスカスカになっちゃう予感。ベルトも同様。 
  • 竜頭がめちゃめちゃ回しにくい。
  • 文字盤のカスタムにはプラスチック製の透明シート(絵や数字が書いてある)を重ねるので、視認性が良くない。
  • ベルト駒の付け外しはシンプルだけど固いものも。「パパこれとれないから外してー」と頼られる。お父さんのパワーを見せつける機会。面目躍如。

 ウチの子のリストショット。

FullSizeRender

FullSizeRender

ただ、4500円出せば、timexの子供用やswatchのフリップフラックが買えちゃうんですよね。それらと比べると、、うーん。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村


時計ランキング