時々、Amazonプライム・ビデオレンタル100円キャンペーンがありますよね。Amazon様のお恵みじゃあー。
今回は冬休みだから、いつもより対象作品が多い。ありがたや、ありがたや〜


僕は自分でも把握しないままにいつの間にかプライム会員になっていて、今も月会費を払い続けている。海外在住だと、プライムビデオは殆ど観ることができないので、こういうプライム会員限定の機会を活用しないとプライム会費が勿体ない。

そこで、100円キャンペーンの対象になっていた映画「サウンド・オブ・ミュージック」を観ました。

小学校の頃、音楽の授業でエーデルワイスの歌とドレミの歌の部分を断片的に見せられたような記憶がありますが、全編通して視聴するのは初めて。

そんなサウンドオブミュージック初体験を済ませたばかりで興奮さめやらぬわたくしが、初めて観て驚いたことを5点、共有させていただきます。


1. ずっと久石譲作曲だと思っていた音楽*が、サウンド・オブ・ミュージックの劇中歌だったことが判明。

*「もうすぐ17才」、「わたしのお気に入り」、「サウンドオブミュージック」、など。

ドレミの歌とエーデルワイス以外に有名な歌があるとは知りませんでしたが、ほとんどの劇中歌に聞き覚えがありました。

例えば、チャチャチャチャチャチャチャチャチャチャーっていう、「わたしのお気に入り」という歌。あれ、JR東日本かJR東海のCMじゃん!ずっと久石譲だと思ってたんだけど、違ったのね……

それと、チャチャチャチャチャチャチャチャチャチャーの最後にチャッチャー⤴︎、をつけたら古畑任三郎のテーマソングっぽい。


2. 長い。

全部で2時間50分て。ロードオブザリング、タイタニック並みの大長編。途中でトイレ休憩という表示が出て画面がしばらく真っ暗になって笑いました。親切。


3. ドレミの歌の歌詞、知ってるのと違う

「ファはファイトのファ」じゃなかった。「ファはfar awayのファー」なんだと。どっひゃーおっしゃれー。それどころか、

4.  ドレミファソラシドは、ドレミファソラ”ティ”ド、だった。

“ティ”て。超プロっぽい。僕もこれからティで行こうと思います。

5. トラップ一家のお父さんが、まるで渡辺謙。

婚約破棄を告げるシーンの顔がね、もう渡辺謙。

以上です。

ということでみなさんに耳寄り情報であります。「サウンドオブミュージック」は、観る価値ありますよ。え、そんなん知ってたって?


今日は、セイコーのワイヤード ソリディティ x xiaomi miband5のダブルリスティング。

IMG_6104


にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

時計ランキング