今更ですが、話題の「鬼滅の刃」全23巻を読みました。



面白かったです。スピード感があって、中だるみせずに最後まで一気に読めました。まあ、何度も読み返す類の漫画かどうかはわかりませんけど、漫画喫茶で一晩過ごす時にガッツリ読むにはピッタリですね。
  • バカ売れしたという映画の「無限列車」編、めちゃめちゃ中盤ですやん。あれ本当に漫画読んでないアニメも見たことない人でも話について行けるの? 周りの空気を読んで、めっちゃ良かったーわかるわかるー、と合わせているだけじゃないのん。
  • 単行本でエピソードとエピソードの間に白いページに、登場人物の設定(こういう過去があって……こういう性格で……等)が書いてある。ズルい。漫画外で攻めてくるなんて、場外乱闘じゃん!しかし、その設定がまた良い感じなわけで。僕はズルいと思います。
  • 登場人物が死ぬときに、その人がどんな過去の持ち主だったのかが走馬灯的に出るパターンが多用されています。そうかーこういう過去があったから、ああいう言動をしてたのねー、と、再読意欲を高めるテクニックですな。策士。
しかし、登場人物の顔がごっちゃになっちゃって困惑しました。髪の毛が黒いキャラクター、みんなおんなじ顔に見える。

ところでわたくし、高校生くらいの時、SPEEDに夢中になった時期がありましす。ウェイクミーアップ!とばかりに部屋にぺたぺたポスターを貼り、朝の太陽〜とと口ずさみ、オーマイヘブン!と福岡ドームコンサートにも行った。

そんなある日、ポスターを見た僕の父親が、みんなおんなじ顔しとるな、と一言。僕は、ヒトエ女史とタカコ女史全然違うじゃないか、とムスッと黙り込みました。


例え話が長くなりましたが、それと同じですよね。きっと僕の目は加齢によって日に日に節穴化しており、ウチの親父がヒトエとタカコの区別がつかなかったように、僕はしのぶさんと時ナントカ君の区別を付けられずにいたのでしょう。


今日も、BAPE x swatch と xiaomi miband5のダブルリスティング。

IMG_6892

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

時計ランキング