わたくしごとですが、家族を連れて南米に戻ってきました。めちゃくちゃ疲れた。しばらくは家族を連れて飛行機に乗れる気がしません。

ところで、先日税込4.2万円で落札した、モーリスラクロアのアイコンクオーツを日本から持って帰ってきました。

↑黒く塗り潰してますけど、バレバレですな!

コソコソ着用してみました。

IMG_8338
家族にバレないように、ニットの袖口に潜り込ませて着用。

僕がヨメさんに黙って時計を購入した場合、完全に隠すケースとちょっとずつ小出しにして慣らせていくケースがあります。前者の場合は、いってきますと玄関扉が閉まってから時計を身に着け、ただいまと玄関扉をくぐる前に時計を外します。

どちらを選ぶかは基本的には購入金額の違いで、ヨメさんに問い詰められた時に許されそうな金額(定価と比較してディスカウントがめちゃ大きいとか)だと後者になる。

この時計の場合は後者。


IMG_8339
それでも目立たないよう、半分は隠しましょう。

目立ちすぎないように袖口タイトなニットで半分覆っていました。こうしてヨメさんの目を慣らせていくうちに、「昔から持ってたけど最近ベルト変えたら気に入ったので着用頻度が増えた」と言い張ることができるのであります。 

なお、ああこりゃ駄目だもうバレてら、と思ったら、速やかに「昔から欲しかったのが、めちゃくちゃ安くなっているのを見かけて衝動買いしてました。ゴミーン」に軌道修正しましょう。


FullSizeRender
ヨメさんが席を外したので袖口からポロリ。


今日はモーリスラクロアのアイコンクオーツ42mm

こちら、2016年にアイコンが初登場した際の由緒正しきクオーツモデル。

オートマチックのアイコンの人気に引っ張られる格好なのか、6〜8万円くらいで売りに出されていることが多い印象。オークションでもなかなか5万円を下回ることがなかったんですが、最近では徐々に相場下がってきている気がします。

ちなみに出品されている中古品は未使用・新品同様が多いと思います。買ってからオートマチックの存在を知ってそっちの方が良かったと後悔、クオーツを処分して乗り換えたのかしらん。きっとマリッジブルー的ドラマがあるね。

FullSizeRender
袖口からポロリ!

39mmが欲しくなるのかもしれないなあと思いつつも、ケースとベルト一体化タイプだから腕への収まりはいいんじゃないかと期待して購入。


FullSizeRender
意外にいいじゃないの!

オートマと並べると、クオーツモデルはケースが丸みを帯びていてエッジも立っていないそうです。タペストリー文字盤じゃないのはパッと見て違います。それから、アイコンオートマチックの売り文句のひとつであるイージーチェンジのベルトにはこちらクオーツは対応していない。

しばらく着用してから改めて感想を書きたいと思いますが、すでに気に入りました。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村