haochiのこそっと腕時計ブログ

腕時計、その他(スタバご当地マグ、ビールのラベル、など)収集癖のある30代中盤会社員です。腕時計、ヨメサンにばれないように、こっそりと。

カテゴリ:今日の腕時計 > ボーム&メルシエ

真偽は確認できなかったんですが、福岡の有名質屋・高山質店のHPを覗いていたら、気になる記述を見つけました。

みなさんご存知かと思いますが、MTM special ops、という時計があります。ジャックバウアーが「24」の劇中で着けていた、で有名になったやつ。え?ジャックバウアーは俳優の名前じゃないの?

ミルスペックのありがちなやつなんですが、電磁誘導無接点充電式だったり、1km先からでも視認できるビームのように強力なライトがついていて、ガジェット好きなオトコノコに訴求するマーケティングを行なっていた印象です。ルミノックスやらトレーサーとは違うんだぜ、的な。

見た目はかなりカッコ良い。だいたい黒くてね、オレンジやら黄色が差し色に入っている感じ。僕も何度か真剣に検討しましたが、デカいんですよね。そして、ちょっと高かった。だからね、今でも安い出物がないか、探しているんです。

んで、高山質店さんを覗いたら、掲載されていて。

IMG_8133

大事なのはココからです。今までのはただの前フリなのです。

IMG_8134

「状態」の説明文に注目してください。メーカーが倒産しているため修理が出来ない、との記載。なんと!グーグルで検索してみましたが、僕の稚拙な検索テクニックでは確認できませんでした。MTMのHPにも何も触れられていないんですよね。まあ、購入を検討している方はご注意ください。

ただ、中身のムーブメントはリコー製という記事を読んだことがあるので、いざとなれば機械のすげ替えは可能でしょう。だから、問題は外装ですよね。

とは言いつつ、いつ倒産したのか分かりませんが、最近の出来事であれば今後代理店が在庫を投げ売りしてくれるんじゃないかと手ぐすねを引いているのです。ワクワク!

今日は、ボームアンドメルシエのリビエラ。

IMG_8132

超カッコ良いから使いたくてたまらないんだけど使い方が分からない単語、結構ありますよね。
僕の後輩で、「トリガー」という単語を多用する人がいました。何かと「トリガー」って言う。それをすると〜このトリガーを引いちゃうじゃないスか〜、みたいな。で〜そしたら〜あのトリガーが〜、みたいな。どのトリガーだよ!っつって。四方八方をトリガーに囲まれて、ゴルゴか!っつって。トリガーがゲシュタルト崩壊しているっていう。ゲシュタルト崩壊の使い方、合ってるかな?

そう。前置きが長くなりましたが、ゲシュタルト崩壊。僕の、さりげなく使ってみたくてたまらない単語ランキング上位に入っていました。が、使い方が分からなくて。そもそもゲシュタルトって誰?ですもん。シュタインズゲート?てなもんです。

それがね、最近、分かっちゃいまして。

IMG_7915

kindleアンリミテッドで読んだ、この本。クソつまんなかった。おっと言い過ぎました、非常に興味を惹かれるタイトルに比べて中身は百年くらい前から言われてるような古臭い内容でした。タイトルを付けた編集者の腕が良かったんですな。

が、読んだ時間の無駄とは思っていません。むしろ満足している。
なぜなら、僕は、この本から、ゲシュタルトの使い方を学んだのです。

ゲシュタルト。ゲシュタルトができているできていない、という使い方するんですって。僕にはワインのゲシュタルトができている、君には鳥のゲシュタルトができているね、みたいな。つまり、あっちゃ〜キミのゲシュタルト崩壊してるや〜ん!、みたいに使うのが正解なのです。

なお、ゲシュタルトとは、全体が部分から成り立っているだけでなく 、全体と部分が双方向的に関係しており 、全体が分かることで部分が分かる、全体と部分の双方向の関係をゲシュタルトという、
そうです。要するに、すもももももももものうち、ってことです。すももももももももものうち、ってことです。もが多いな!そして僕の理解は果たして合っているのでしょうか。

今日は、ボームアンドメルシエの、リビエラ。

IMG_7942


なんだか急に、エヴァンゲリオンの漫画、終わり方を再確認したくなったんです。急に、いや、突然に。突然の風に吹かれたように。急にフィールドオブビューのことを思い出しました。急に。そこは突然じゃないんだ?

で、貞本エヴァンゲリオンなんですけど。14巻だけ読んだら、結局1巻から順番に読み直してしまいました。あるある!で、NERVの時計も買っちゃいました。あるある!

IMG_7851

売り切れです。だって、僕が買っちゃったんだもんね!
改めて見ると、ブランパンのフィフティファゾムスにクリソツなんです。カラーリングが。超カッコ良い。

IMG_7852


ヨメサンのところに送るわけにはいかないので、実家に送りました。そのうち取りに行けるといいんだけど。なにより、母の日ギフトと間違えられないと良いんですが。

今日は、ボームアンドメルシエのリビエラ。クオーツのダイバー。

IMG_7846

ところで、漫画に腕時計が出てくるシーンがありました。全然NERV官給品じゃなかった。

IMG_7853


いやー、昨日は入社式だったんですね。期待に背筋を伸ばし、希望に目を輝かせて、真新しいリクルートスーツを着ている若者たちが街に溢れていました。

思えば、僕にもあんな時代があったのです。むーん、懐かしい。まあ、半年も経たないうちに、二日酔いのむかつきに背中を丸め、寝不足に目を血走らせて、酔っ払ってそのまま寝たためクッシャクシャになったスーツで通勤するようになりましたが。

そんなね、新入社員の皆さんに、どうしても言っておきたいことがあるんです。かなり厳しい話もするかもしれませんが。

会社によっては、キャリアパスの一部で資格を取らされるケースあると思うんです。経理や財務に配属されたら簿記やらファイナンシャルプランナーやら、合格しないとボロクソに言われる、みたいな。

一方、特にそういうの無い場合には、OJTの名のもとに、なんか雑用を言いつけられてやってるうちになんとなく専門知識が身につく、とされていると思います。確かに、なんとなく分かったような感じがしてくるんですが、実際には身に付いたりは、しないです。気をつけてください。

で、門前の小僧なんとやらです〜とか言いながら、なんやかんや手を動かしているうちに、十何年間くらい経っている。
そのくらいになると、他人の能力の高い低いもなんとなく測ることができるようになってきます。従って、自分のことも多少は客観的に見れるようになっているのです。
んで、社外の人やら、社内の他の部署の人やらを見渡して、こらヤバい、って危機感を覚えるわけです。急に!居ても立っても居られなくなる。
なお、この話は、文系で特に専門性が無く流されやすい性格の新入社員が営業職に配属された場合に辿るであろう一般的な道筋を述べただけであって、特定の誰かを念頭に置いたわけではありません。

ところでわたくし、先日、簿記2級を受けました。たまたま。暇だし〜ちょっと受けてみちゃおうかな〜、くらいの、気持ちで。

で、のび太の結婚前夜ならぬ、僕の試験前夜の心境がこちら。

IMG_7249

軽い気持ちというのは、嘘でした。すげ〜資格欲しがってました。アハハ!

しかし、子供の習い事行ったりして、なんだかんだ結構余裕かましてますな。まあ、正直、原価計算なんて仕事でよくやるし〜BSPLもだいたい分かるしてるし〜CFも計算チョロいし〜、と、思っていました。

そして試験の後。

IMG_7250

割とショックを受けている。

そして、先週くらい。

IMG_7251

喉元過ぎればなんとやら、でね、ちょっと受かってるんじゃないかと期待し始めている。

で、数日前に、コイツが届きました。

IMG_6627

58点て。圧倒的…!圧倒的、不合格…!

しかし、結果はウェブでしか見れないと思ってたのに。わざわざ郵便で届けてくれなくても良かったのに。受かっていたかもしれない、という逃げ道すら与えてくれないなんて。まったく、お節介な奴らだなあ!

今日は、ボームアンドメルシエの、ハンプトン。デュアルタイム。

IMG_7247
IMG_7248

昨日は16時ちょっと前に旅館が車を出してくれて、箱根湯本まで連れて行ってくれたのでなんとか帰ってこれました。良かった良かった。
しかし、宮ノ下か太平台を境に全然雪が積もってなくて驚きました。

今日は、ボームアンドメルシエのリビエラGMT。

FullSizeRender
FullSizeRender

↑このページのトップヘ