haochiのこそっと腕時計ブログ

腕時計、その他(スタバご当地マグ、ビールのラベル、など)収集癖のある30代中盤会社員です。腕時計、ヨメサンにばれないように、こっそりと。

カテゴリ: 時計紹介

ネットオークションでも、リサイクルショップでも、結構見かけるレビュートーメン。巷で人気があったのも今は昔、忘れられつつある悲しい老舗時計メーカー。

なんか日本語っぽい会社名だよね、そういえばトーメンっていう豊田通商と合併した総合商社もあったよなあ。とかね、僕のようなにわか腕時計ファンにとっては、その程度の認識でしかないんじゃなかろうかと。

IMG_6110

時計雑誌で見かけることもないし、ネットで検索してもあんまり情報が出てこないのはなぜ。。調べてみると、代理店の変遷がなかなかすごい。

1983年 ワールド通商→1996年 フレンディア→2004年 第一昭和→栄光時計→ホッタコーポレーション(販売はホッタ、サポートは日本法人レビュートーメンジャパン。レビュートーメンジャパンは2016年に解散)→CBS

とまあ、少なくとも僕が把握しただけで6社が入れ替わり立ち替わりレビュートーメンの代理店を務めたようです。言い換えれば、数々のオトコたちがレビュートーメンさんを翻弄し、その身体の上を通り過ぎて行ったと言えましょう。かわいそう…!

代理店の切り替えによって日本への輸入が途切れた時期もあったようですが、現在はCBSという会社が輸入代理店をやってるみたい。

ちなみにこのCBSさん、社名の由来はどうやらChallenges For Big Successですね。大阪の商売人らしい、アグレッシブさが垣間見える社名ですなあ。


同社は、レビュートーメン以外にも、カトレックスとか通好みなメーカーの代理店を務めている模様。是非ともビッグなサクセスに向けて頑張っていただきたい。しかしながら、レビュートーメンの公式HPすら作らないってのは、代理店としてどうなの?
上記のCBSの取り扱いブランド紹介ページのリンクは消えてしまってます。

ということで、わたくしがレビュースポーツ30's、紹介させていただきます。まだ着用2回目くらいで偉そうこと言って恐縮です。

88個目 レビュートーメンのレビュースポーツ30's。

FullSizeRender
  • 型番:2110002WM
  • ケース直径:36mm
  • ケース厚み:9mm
  • ラグ幅:18mm
  • 防水:5気圧
  • ムーブメント:gt-12
これを購入した店の商品明細には直径33mmと書いてありましたが、たぶん36mmですね。33mmも展開していたようですが、本品はさすがに33mmではない。

1930年代のスポーツウォッチのデザインを現代に蘇らせたモデル。特筆すべきは自社ムーブメントなんだそうです。

以下の時計屋さんのサイトに詳しく載ってます。こちらは2004年限定の赤い文字盤だけど。赤いのもいいすなあ。


↑この紹介書いた方、きっとこの時計が好きなんでしょうね、文章に熱がこもっています。同志よ!

FullSizeRender

アラビア数字のフォントが気に入りました。クリーム色の文字盤に焼けたようなインデックスのカラーも良く合ってます。

黒文字盤はミリタリー色が強くなり、それもまた超カッコ良いですよ。

FullSizeRender

光の加減で青く針。僕の勘ですが、この色味、ペイントじゃなくて青焼きなんじゃないかしら。

FullSizeRender

ブレスは中空ですかね。シャカシャカしてますが、クラシカルで軽くて良い。中駒がケース本体と合わせてポリッシュ、左右がサテンなのも僕は好きです。

付属品の保証書によると1998年の日付が書いていました。オーバーホール履歴はわかりませんが、手巻きの巻き心地も良いし、日差も問題なさそう。良い買い物しました。

そしてこれ、4999個限定なのです。日本人が弱い限定品。しかし4999個て。150本限定とか言って人気を煽り価値を釣り上げた挙句に通常ラインナップに入れちゃう、そんな限定商法なんて大御所たるレビュートーメンさんはやんなかったわけです。

今、1月5日の日曜です。本当に休みが終わってしまった。え、本当に終わってしまったのかな?まだ実感が湧かないんだけど。
僕の中ではようやく休み方ってつーか、リラックスの方法っつーか、そういうのが分かってきて、これからだぜって感じなのに!ガーン。

ところで、今回の年末年始は、時計紹介を中心にしてみたんです。本ブログが少しでもまともな時計ブログにカテゴライズされるようになることを企図したもの。が、だいぶ息切れしました。結果、ろくにスペックの説明も書けていない。いずれ追加します。

ヨメさんの時計その5 アップルウォッチ4

IMG_3307

2018年12月にヨメさんにあげたアップルウォッチ4。

  • ケース直径:40mm
  • ケース厚み:10.7mm
  • 防水:50メートル防水(アップルのホームページによると以下)
Apple Watch Series 2 以降は、プールや海で泳ぐなど、浅い水深での利用に対応しました。ただし、Apple Watch Series 2 以降を装着したまま、スキューバダイビング、ウォータースキーなど、水圧が高くなったり、所定の水深より深く潜るようなアクティビティを行うことは想定していません。

そういえば、アップルウォッチ5が出て、アップルウォッチ4は販売終了してましたね。

IMG_3308

先日、アップル純正のメタルブレスもあげました。約9,000円。
ただ、純正にも関わらず、本体のピンクゴールドと同じ色のメタルブレスは存在しないという体たらく。この一点だけ取り上げても、アップルが果たして時計に真面目に取り組んでいると言えるのか、甚だ疑問なのであります。

昨日、アメリカの高級百貨店のアウトレット・ノードストロームラックに行ったら、サードパーティ製のアップルウォッチ用メタルブレスが9ドルで売ってました。そして、カラーバリエーションにピンクゴールドも有り。アップル純正品に拘る必要はないのでしょう。

IMG_3309

肝心な使用感ですが、半年くらい前からヨメさんが使っているのを見た記憶が無い。僕の見たところ、ヨメさんのアップルウォッチ4に対する評価は以下。
  • 海外生活ということもあって電話やメール受信が少ないので、その辺の利便性は感じていない。
  • ワークアウトの自動検出に不満。歩数計が正確でないと思っているみたい。
  • 旅行先に持っていくには、充電コードが邪魔くさい。
それから、僕個人としては、やっぱり時計は文字盤が決まっていることが魅力だと思うわけです。ボタンひとつで文字盤をササッと変えられるってのは便利なんでしょうけど、味気ない。
文字盤は制約になるんだけど、だからこそ時計を選ぶ楽しみがあり、更にはベルトを選ぶ楽しみが出てくるわけです。

まあ、文字盤を自分でデザインして作るというのもそれはそれで楽しそうなんですけど。

僕も使ってみたいんだけど、スマホとリンクさせる必要あるんですよね。ヨメさんのを消すわけにもいかない。パソコンみたいに、ユーザーを切り替えて複数人で共用可能な仕様にしてくれたらありがたいんだけど。

2019年に投稿した記事のひとつに、以下のエルジンに関する考察があります。

福本エルジンという通称はもはや古い、令和の時代は定慧エルジンである、と申し上げました。


そんな私設エルジン応援団を自称するわたくしですが、エルジンは一本しか持っていません。恐縮です。

86個目 エルジン FK976E

IMG_3432

ひさびさにひっぱり出したところ、電池、切れとる。。ちょうど1年前に交換したばっかなんだけど。電池寿命みじかあ。

IMG_3433
  • ケース直径:42mm
  • ケース厚み:12mm
  • ラグ幅:20mm
  • 防水:20気圧
  • ムーブメント:クオーツ(ミヨタT240)
IMG_3435

前の持ち主の方が酷使したのか、バネ棒が腐食、コマのピンも同様。長さの調節ができずブカブカなので、どうしても使用頻度が低い。

何度かバネ棒ぶっ壊してやろうとチャレンジしましたが、上手くいかず根気も続かず断念。去年には、ドライバーの先端が指に刺さって激しく流血しました。

IMG_3436

2017年に不動の状態で購入。電池を入れ替えたら動き出したので、人知れずガッツポーズしました。

ブライトリングのエアロスペースにソックリなのは勿論、これはブレスにちいちゃなコンパスが付いているのもポイント高かですね。ブライトリングのエアロスペースに付けちゃろうとか考えていました。

IMG_3440

このエルジンFK976E。僕の狙いはまた別なところなありました。

時計ケースの中に常にコイツを鎮座→朝家を出るときにはコイツを装着→玄関の扉を閉じてしばらく歩いてからブライトリングのエアロスペースと交代→このブライトリングのエアロスペースそっくりさんなデジアナにヨメさんの目を慣らすことにより、いずれブライトリングのエアロスペースを常に着用してもヨメさんはフンフンどうせまたやっすいエルジンね〜アンタも好きね〜、となる。
どうでしょう。茹でガエル理論にヒントを得たこの作戦、みなさんも是非トライください。

IMG_3438

電池が切れているので液晶は表示されていません。液晶がきちんと表示されていると、結構雰囲気あってカッコ良いです。

時計を買い集めてしまう業(カルマ)に取り憑かれた求道者たるみなさん。そんなみなさんにおかれては、何かとヨメさんに時計をプレゼントするのは当然のたしなみと思います。

しかしながら、僕は、そこから一歩進んでみることを提案します。みなさん自分のお気に入りを飾りたい気持ち、それを眺めるとご飯が進むのは理解します。が、その気持ちをグッと抑えてヨメさんの全てを時計ケースの目に付きやすい場所に配置するのです。

さすれば、ヨメさんの認識を、あら……アタシったらこんなに時計持ってるんだったわ……時計は一本で十分とか文句言っちゃったら旧民主党のように盛大なブーメランになって返ってきちゃうんだわ……、に常時維持することができるのです。たぶん。

そんな、数年前にヨメさんにあげた時計。

ヨメさんの時計その4 スウォッチ システム51 

IMG_3400

2014年に発表。通常100以上ある機械式時計のムーブメントのパーツを51個に簡素化し、部品製造から組み立てまで全て機械化したのがシステム51。

廉価なのにパワーリザーブ90時間、機械式なのにオーバーホール不要、を売りにしていました。

スウォッチのプレスリリース:http://www.swatchgroup.jp/topics/2014/6/23/swatch-sistem51/

なんだか凄いのが出たぞ、と、業界に激震が走ったのを昨日のように覚えています。や、業界のことは知りませんけど。年を取ると時間が経つのが早いんです。

色んな記事を目にする機会も多く、いっぺんに欲しくなりました。ただ、当初発表された3つのモデルは、あんまりデザインが自分で使うにはピンとこなかった。
ただ、カラフルな白文字盤に白いラバーベルトはナイス。リゾート的な場面で外しの時計として良かろうと。ヨメさんにプレゼントすることにして、そういうリゾートに行く機会があれば借りようと。

IMG_3401

ただ、オーバーホール不要というのは故障しないという意味ではなくオーバーホールができない機械構造になっているから故障したら交換なのよ、という意味だったみたい。

裏蓋は開かないようになってますが、そもそも部品と部品はネジではなくリベット留めになっていてくっ付いているために分解して修理ができないのだそう。

つまり、メンテナンス不可、というのが正確。それをオーバーホール不要、だなんて、スウォッチさん、ちょっと言い過ぎちゃいましたね。

IMG_3402

つーか、部品が簡素化されたメンテナンス不可の廉価機械式時計とは、ほとんど昔で言うところのピンレバー式時計ですよね。所謂ダラーウォッチ。

システム51発表時にはイノベーションだなんだとスウォッチCEOである故ニコラス・ハイエックの息子ニック・ハイエック氏が威張ってました。けど、よく考えたら決して新しいコンセプトではない。

むしろ、ETA供給制限によって機械式時計の値段を上げて庶民の手が届きにくくしたのはスウォッチグループなわけで。にもかかわらず、今度は廉価な機械式時計を出して「システム51により、心踊る新世界の扉を開きました」(同社プレスリリース)、とか言っちゃってる。あんにゃろう、完全にマッチポンプじゃないか。

IMG_3403

裏側。円盤状のローターは武器みたいでカッコ良い。ライジングサンとか円月輪とかそういう類。

しかし、システム51。スウォッチさんはこれから、どう売っていくんでしょうね。余計なお世話だと思いますけど。

これまで散々アピールしてきた、機械式時計はメンテナンスすれば一生使えます的なセールストークはシステム51には当てはまらない。
その上、グレタ女史に続けとばかりに猫も杓子もエコを叫びだした現代社会とは相容れない使い捨てのムーブメント。うーん、案外短命に終わるかもしれないですね。

IMG_3404

購入は確か2015年。出張時の国際線乗り継ぎで通り過ぎた、アメリカはヒューストン空港内にあったスウォッチの店で購入。

ちなみに、免税店だと思ってレジに行ったところ、免税店じゃなくて、しっかり消費税取られました。国際空港内にある売店はすべからく免税店だと思っていましたが、そうじゃないのもあるみたい。違うの混ぜるなんて、ズルいやん!みなさんもお気をつけください。

IMG_3405

このシステム51、デザインのバリエーションも増えてますね。アイロニーとか、金属製のモデルにもシステム51搭載機があるみたい。デザインも洗練されたというか、ある意味普通で使いやすそう。

ただ、上述のとおり使い捨ての機械式時計であることを認識した上で購入する必要があります。グレタ女史に会う予定をお持ちの方は避けた方が無難でしょう。

それから、これはムーブメントとは関係ないですが、やっぱり変色しますね。まだ4年なのに半透明のプラスチックケースが黄ばみ始めている。

あけましておめでとうございます。こんなブログを新年早々見ていただいた方、いらっしゃいましたら恐縮です。

2020年1発目の投稿になりますのでね、旧年中に買ってしまった時計の振り返りから始めてみたいと思います。

1. セイコー プレザージュ SARY107

IMG_4943


2019年5月、税込64,800円で購入。定価は60,000円。そうなんじゃよ、消費税が8パーセントだった時代があったのじゃよ…。
しかし僕が定価で新品の時計を買うなんて、何年振りかしら。根がケチなんでしょう、基本的に割引もしくはポイント還元などがないと手が出ないんです。

ただ、本件については、ANAマイルの有効期限が盛大に切れかかっていたのでね、マイルを使った購入のため、実質ゼロ支出。うれピー。おおっと、あまりの嬉しさに僕の中ののりピーが脈絡なく顔を出してしまいました。マンモスうれピー。

なお、実家に送ったのでまだ僕の手元には届いていない。

しかし、同様に有効期限が切れかかったANAマイルをANAスカイコインなるものに交換していたんですけど、ANAスカイコインの有効期限が切れていたことが先日判明。僕の60,000コイン。ろくまんだぜ…!
くれぐれもANAさんにおかれては、マイルだけじゃなくてスカイコインの有効期限も通知するようにしていただきたい。

2. シチズン コスモサイン 香港シチズン40周年限定

IMG_5062

2019年8月頃、確か3万円台で購入したはず。
香港シチズン40周年記念で、400本限定のもの。ケース直径37mmと記載されてましたが、やけにデカい。ケースとベルトが一体化したデザインのせいかしら。

ブラックPVDで精悍、ケースもブレスも造りがゴツい。ブレスのコマはひとつひとつが大きいしね。繊細な星座盤と異質な組み合わせ。アストロデアの方向性でしょうか。


3. レビュートーメン レビュースポーツ30s

FullSizeRender


2019年10月、38,000円で購入。購入に至る葛藤は以下に残していました。わたくし、直径の小さな時計はメタルブレスだとサイズ小さく感じない論を提唱していたのでした。


これは、本当にいいぞ…!我ながら大正解。実物を見て快哉を叫び小躍りしました。ちなみに僕が小躍りすると、なぜかアシモのよなロボットダンスになるのです。


4. ベネトン by ブローバ 

IMG_5143

2019年10月、6,490円で購入。本ブログでおすすめしましたが、誰も買わないから僕が買ってしまいました。
縦二つ目のクロノグラフ風。そしてカラーリングが秀逸。実物は超カッコ良いです。ベゼルの墨入れが取れかかっているのが残念。いつか色を入れよう。


5. マーヴィン マルトン クオーツ

IMG_5142

定価6万円くらいだったのが、2万円くらいまで値下げされて加坪屋さんで投げ売りされていたのを数年前に見た記憶があります。

しかしながら、僕の中でクッションケースの時計ブームが盛り上がったタイミングと販売時期がややズレていたこともあり、欲しいと思った時には在庫が無くなっていた。

悔しさを抱えたまま時々思い出してはネットを眺めていたところ、7233円で出品されているのを発見。ただし、ピンク。

しばらく見つめていたところ、林家ペーパー夫妻を彷彿とさせるどピンクも逆にアリだと思うようになりました。直径40mmのビッグフェースに怒涛のピンク。ヒャー!パー子女史の笑い声が思い出せません。

6. スウォッチ × BAPE グローバルモデル

IMG_3395


2019年12月に購入。やや割引で買えたので、為替の計算は適当ですが約1.5万円(日本円での定価は1.8万円)。世界地図文字盤マニアなわたくしとしては気に入っています。
47mmのビッグなケースですが、2時位置のリューズは邪魔にならなくて好感触。

ということで、2019年の購入時計は6本でした。僕も年相応に落ち着いてきたのかもしれない。

↑このページのトップヘ