haochiのこそっと腕時計ブログ

腕時計、その他(スタバご当地マグ、ビールのラベル、など)収集癖のある30代中盤会社員です。腕時計、ヨメサンにばれないように、こっそりと。

機械式・クオーツ、現行品・ビンテージ、アナログ・デジタル・デジアナ、なんでもありの素人が、ヨメサンにばれない範囲でこそこそ細々書いています。
と言いながらも、そろそろ気づいちゃった方もいらっしゃるのではないでしょうか。コレ、本当に腕時計ブログかしら?って。そうなのです。コレは腕時計ブログの皮を被った別ななにかなのです。

カテゴリ: コソッと購入

ここ最近、みなさんにおすすめの腕時計を紹介する、という非常に腕時計ブログらしい活動をしてしまいました。誰に頼まれたわけでもなく、僕の純粋な気持ちから出た行動。我がことながら目頭が熱くなります。

でもね、ふと聞こえてきたんです。みなさんにおすすめするだけしておすすめしておいて自分は買わないんかい!、というお叱りの声が。幻聴かしら。自分はいつも安全なところにいて適当におすすめしてるだけなんですから、ズルいですよ!、という非難の声が。なんだか碇シンジ君ぽいのは、無料公開期間が5月3日まで延長されたエヴァンゲリオン新劇場版1のせいですな。

ですがみなさん、僕に10万円は支給されませんから。なぜなら住民票が無いので。よって、僕がおすすめした腕時計を買えなくたって、しょうがないわけです。

しかしながら、僕もね、山本五十六「やってみせ」、をうろ覚えながらこの胸に深く刻んでいる男。お手本を見せる大切さは理解しているつもりです。
経営者たちのバイブル・中国古典にも言いますよね。「まず買いより始めよ」、って。そう、買わなきゃ始まらないわけです。え、あれ、カイ君て男性の名前なんでしたか。春秋戦国時代にも今ドキの名前の人がいたんですなあ!

なにより、ああでもないこうでもないと探しているうちに、なんだか僕もね10万円使えるような気がしてきちゃったんですよね。不思議なことに。ホント不思議。

ということで、まずはみなさんに率先してわたくしめが購入。もちろんヨメさんの目は盗んでいます。ドーン。

IMG_8156


ロンジンのリンドバーグ・アワーアングル。

おすすめしてたのと違うやん!、という声が聞こえてくるようです。だってしょうがないじゃないかあ。

ロンジンのリンドバーグが如何にカッチョいい時計か、以下を参照ください。

IMG_8162

1927年に初の単独大西洋無着陸横断飛行を成功させたチャールズ・A・リンドバーグは、その偉業後にナビゲーション・ウォッチを構想し、その製作をロンジンに委託します。六分儀や航海暦と同時に使用することで、1927年に誕生したウィームスモデルに基づいたリンドバーグのアイディアをロンジンが製品化した“Hour Angle Watch”は、パイロットたちの経緯度計算を容易にし、地理的な位置を正確に測定することが可能になりました。

ロンジンお得意の復刻の中でも定評のあるリンドバーグは昔から欲しかった。色々バリエーションがありますが、これは6時位置のレバーで回転ベゼルを押さえるオリジナルに忠実な仕様なのもグッド。
加えて、わたくしの大好物である文字盤の世界地図、薄くなっているけどベゼルに刻まれた都市名まである。

しばらく前からじっと見ていたんですが、2回目の値下げで我慢し切れず、飛びついてしまいました。だってしょうがないじゃないかあ。

あけましておめでとうございます。こんなブログを新年早々見ていただいた方、いらっしゃいましたら恐縮です。

2020年1発目の投稿になりますのでね、旧年中に買ってしまった時計の振り返りから始めてみたいと思います。

1. セイコー プレザージュ SARY107

IMG_4943


2019年5月、税込64,800円で購入。定価は60,000円。そうなんじゃよ、消費税が8パーセントだった時代があったのじゃよ…。
しかし僕が定価で新品の時計を買うなんて、何年振りかしら。根がケチなんでしょう、基本的に割引もしくはポイント還元などがないと手が出ないんです。

ただ、本件については、ANAマイルの有効期限が盛大に切れかかっていたのでね、マイルを使った購入のため、実質ゼロ支出。うれピー。おおっと、あまりの嬉しさに僕の中ののりピーが脈絡なく顔を出してしまいました。マンモスうれピー。

なお、実家に送ったのでまだ僕の手元には届いていない。

しかし、同様に有効期限が切れかかったANAマイルをANAスカイコインなるものに交換していたんですけど、ANAスカイコインの有効期限が切れていたことが先日判明。僕の60,000コイン。ろくまんだぜ…!
くれぐれもANAさんにおかれては、マイルだけじゃなくてスカイコインの有効期限も通知するようにしていただきたい。

2. シチズン コスモサイン 香港シチズン40周年限定

IMG_5062

2019年8月頃、確か3万円台で購入したはず。
香港シチズン40周年記念で、400本限定のもの。ケース直径37mmと記載されてましたが、やけにデカい。ケースとベルトが一体化したデザインのせいかしら。

ブラックPVDで精悍、ケースもブレスも造りがゴツい。ブレスのコマはひとつひとつが大きいしね。繊細な星座盤と異質な組み合わせ。アストロデアの方向性でしょうか。


3. レビュートーメン レビュースポーツ30s

FullSizeRender


2019年10月、38,000円で購入。購入に至る葛藤は以下に残していました。わたくし、直径の小さな時計はメタルブレスだとサイズ小さく感じない論を提唱していたのでした。


これは、本当にいいぞ…!我ながら大正解。実物を見て快哉を叫び小躍りしました。ちなみに僕が小躍りすると、なぜかアシモのよなロボットダンスになるのです。


4. ベネトン by ブローバ 

IMG_5143

2019年10月、6,490円で購入。本ブログでおすすめしましたが、誰も買わないから僕が買ってしまいました。
縦二つ目のクロノグラフ風。そしてカラーリングが秀逸。実物は超カッコ良いです。ベゼルの墨入れが取れかかっているのが残念。いつか色を入れよう。


5. マーヴィン マルトン クオーツ

IMG_5142

定価6万円くらいだったのが、2万円くらいまで値下げされて加坪屋さんで投げ売りされていたのを数年前に見た記憶があります。

しかしながら、僕の中でクッションケースの時計ブームが盛り上がったタイミングと販売時期がややズレていたこともあり、欲しいと思った時には在庫が無くなっていた。

悔しさを抱えたまま時々思い出してはネットを眺めていたところ、7233円で出品されているのを発見。ただし、ピンク。

しばらく見つめていたところ、林家ペーパー夫妻を彷彿とさせるどピンクも逆にアリだと思うようになりました。直径40mmのビッグフェースに怒涛のピンク。ヒャー!パー子女史の笑い声が思い出せません。

6. スウォッチ × BAPE グローバルモデル

IMG_3395


2019年12月に購入。やや割引で買えたので、為替の計算は適当ですが約1.5万円(日本円での定価は1.8万円)。世界地図文字盤マニアなわたくしとしては気に入っています。
47mmのビッグなケースですが、2時位置のリューズは邪魔にならなくて好感触。

ということで、2019年の購入時計は6本でした。僕も年相応に落ち着いてきたのかもしれない。

2019年6月に発売されたスウォッチとA Bathing Apeのコラボモデル、覚えておられますでしょうか。

IMG_3197


プレスリリース↓

コレ、人気あったのかしら。即完売必至!、といった煽り記事は読みましたが、実際に買ったという方、僕の周りでは見かけません。

計6モデルを展開。東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルン、そして世界共通のグローバル、の6つ。

プレスリリースを読む限り、5つの都市モデルは各都市のA Bathing Apeの店とスウォッチストアで販売。
A Bathing Apeストアでは、設立年である1993年にちなんでそれぞれ世界1993本限定。
スウォッチストアでは、スウォッチの設立年である1983年にちなみ世界983本限定、だそうです。合計で2986本ってことでしょうか。結構多いのね。。

なお、グローバルモデルは19,930本限定だそうです。1万9930本?どの口が限定とか言うのか。通常ロットでもそんなに多く出ないんじゃないのん、というのがプレスリリースを見た僕の感想。

そんなスウォッチ x A Bathing Apeのグローバルモデル、我が家の近くのスウォッチストアに置いてありまして。

一本しか入荷していない、というので、しばらく眺めていました。グローバルモデルは僕の大好物である世界地図柄なんですが、径47mmはデカ過ぎるなあと思い、スルーするつもりだった。

が、あっという間に時は過ぎて、11月末のブラックフライデーセールも終わり、クリスマスセールのシーズン。

グローバルモデルも、20パーセントオフになっていました。限定商品でも値引きされちゃうなんて、世知辛いですなあ。それでも売れて行かない。

んで、今日初めて試着してみたところ、結構良い感じで。なので、時計のセーフティネットを自称する僕が購入させていただきました。

開封。

FullSizeRender

時計ボックスがカモフラージュ柄でおしゃれ。

FullSizeRender

裏側もカモフラージュ柄。

FullSizeRender

うまく写ってませんが、内側には金色でスウォッチ x A Bathing Apeと書いてあります。

FullSizeRender

保護シール剥がし忘れました。カモ柄の世界地図はカッコ良いです。

ベゼルには世界の主要都市名が書いてある。ただ、そこに機能はありません。カッコ良いだけ。

FullSizeRender

ベルトもカモ柄。1993という数字が書いてある。このベルトはカッコ良いですなあ。

ベルトとベゼルがゴチャゴチャしているのに対して、文字盤は余白多め。やや離れたところからベルト含めて眺めると、全体のバランスは取れているように思います。

IMG_3208

蛍光イエローの長短針と、赤い秒針の組み合わせは秀逸ですね。

秒針の先端、なんて呼ぶのか知らないけれどA Bathing Apeのスニーカーとかに使われている流れ星の形をしているのは素直に格好良いです。

IMG_3209

ただ、短針の先の顔、なんなん。コレ、ほんとに必要ですかね。僕は特にA Bathing Apeファンではないのでこのゴリラ顔に思い入れが皆無で、格好良さがまだいまいちピンときてないんですよね。

着用感は明日以降使ってみてからご報告します。

ふふふ、買ってしまいました。

IMG_7862

香港シチズン40周年記念のコスモサイン。コレは絶対に良いもの。

弟の家に届いたと連絡がありました。

久しぶりの更新。休み明けということもあり珍しく仕事でバタバタしていたのに加え、休暇で体力やら気力やら財布の中身やらも使い果たしてしまったのか、ブローバのアキュトロン2 を割高に買ってしまったショックを引きずっていたのか、ブログを開くのすら億劫になっていました。
こんなブログを見に来ていただいている方いらっしゃったらすみません。

さてさて、GWと言えば旅行。皆さん、飛行機乗ったりして、溜まってるんじゃないでしょうか?アレ。違います、マイルの話です。

今日ね、ANAから、「君のマイルそろそろ期限切れちゃうんやで〜」、との連絡が来ていたんです。
でも僕の経験上、期限切れのマイルって往往にして使い道が無いくらい小額で。800マイルとか、52マイルとか、そんなんばかりじゃない?
だから、普段だと連絡メールが来ていても開くことなくそのままゴミ箱にポイ、がルーティーンでした。

が、今日は何故か無性に気になって。こういうのも虫の知らせって言うんですかね?一回ゴミ箱に放り込んでから、念のため〜ってメール開いたんです。そしたら、50000マイル期限切れます、とか書いてあって。ごまんて!一瞬でカアっと頭に血が上りました。仕事そっちのけでマイルの使い道に精神を集中したわけです。

IMG_7299

とは言っても、特典航空券に替えても使えないし、ポイントに交換するしかない。
で、知ったんですが、去年の11月から、ANAの通販サイトでは、マイルで直接買い物ができるようになっていたそうです。確かこれまでは、500マイルだか1000マイルだか、ある程度まとまったマイルじゃないとショッピングポイントに交換できなかったはず。素晴らしい。

そして時計もある。

IMG_7300

巷で話題になっていたプロスペックスのシャアザクモデルも、通常のザクの方も、5月15日本日現在、まだ在庫あります。しかし高いね!

IMG_7301

プレザージュの2018年限定も。これは非常に気になっていました。が、高い。五万円分はマイルで出せると考えてもまだ高い。

IMG_7302

が、もう一つ以前から気になっていた、プレザージュのSARY107が在庫あり、ちょうど残っているマイルで買えたのでそっちにしました。いやー楽しみだなあ。半円を描くパワーリザーブと6時位置の日付表示、いいすなあ!革ベルトをビンテージ風のものとかステッチが入ったものに替えたらグンと良くなると思うんです。

何より、マイルだからヨメサンにはバレっこない!まったく、マイルは最高だぜ!銀行の口座残高は知られてしまっても、源泉徴収票は抑えられてしまっても、さすがのヨメサンもマイルの残高までは頭が回らないでしょう。ふふふ。ひとり快哉を叫びましたね。おかげで、ようやく気持ちが上向いてきた気がします。

ただ、発送先が実家になるので、時期的に父の日ギフトと勘違いされないかどうかだけが心配。

↑このページのトップヘ