haochiのこそっと腕時計ブログ

腕時計、その他(スタバご当地マグ、ビールのラベル、など)収集癖のある30代中盤会社員です。腕時計、ヨメサンにばれないように、こっそりと。

機械式・クオーツ、現行品・ビンテージ、アナログ・デジタル・デジアナ、なんでもありの素人が、ヨメサンにばれない範囲でこそこそ細々書いています。
と言いながらも、そろそろ気づいちゃった方もいらっしゃるのではないでしょうか。コレ、本当に腕時計ブログかしら?って。そうなのです。コレは腕時計ブログの皮を被った別ななにかなのです。

カテゴリ: 最近読んだ本

わたくしごとですが、2018年のヨメさんの誕生日に、Apple Watch4をプレゼントしました。

しかしながら、今じゃ完全にオブジェと化しています。充電コードがコンセントにすらささらなくなって久しい。充電コードはその辺で転がっている。夏のアスファルトの上で乾くミミズのようで、哀しい。

んで、あんまりにもったいないから、もう返して貰おうと思ってるんです。だってね、こうしている間にもAppleさんのすんごい技術者さんたちはなんだかすんごい技術を開発しているわけ。つまり我が家のApple Watch4は秒速で役立たずのゴミ虫への道を進んでいっているわけでしょう。Apple Watchには賞味期限がある。勿体ない。

そこで、まずはApple Watchの使い方を勉強しようと。kindle unlimitedにあった本を読んでみました。

佐々木正悟著「目の前の仕事に集中するためのApple Watch起きてから寝るまでの使い方が分かる本」(金風舎)

IMG_0303

Apple Watchって色々役に立つんだなあ、と思いました。

頭の悪い子供の感想文みたいになってしまいました。いえね、筆者の方がApple Watch大好きであることは伝わってきたんだけど、同時に偏執的なニオイを感じてやや腰が引けてしまったのです。

筆者の方の熱量以外に、本書を通じて僕が理解したのは以下の3点。

Apple Watchに向かって話しかけたら音声でメモが取れるのは便利ですなあ。ただ、別売りのアプリをインストールしないといけないみたい。
思い付いたことを人前でApple Watchに向かって喋るのは若干躊躇いがありますが、わたくしも殻を破る時がきたようです。決して変なこと言うわけじゃないんだけどね!

Apple Watchを使いこなすにはSiriを使いこなす必要がある。
例えば、パスタを鍋に投入して「ヘイSiri!タイマー8分!」と叫ぶとタイマーがカウントを始めるのできっちり時間を測れるのだと。
一方で、僕が自慢のオメガスピードマスターで8分を計測しようとした場合、パスタを鍋に入れる→お手てを拭く→クロノグラフ針が帰零していることを確認→プッシュボタンをポチリ、ですもんね。ながーい。で、そろそろかなそろそろカナー、と腕時計から目を離せないので、他の作業がおろそかになる。なんだ、Apple Watch便利そうじゃないかい。パスタ茹でたことはこの1年間で2回くらいしかないけど。

それから、Apple Watchの睡眠計測も面白そうですよね。でも、充電どうすんのかしら。この筆者の方は、「就寝前20分で満充電にする」と述べているんだけど、そんなに早く充電できるのかしら。

いずれにせよ、少々Apple Watchに興味が出てきました。
問題は僕が本書を読んでいるのをヨメさんが覗き込んで、Apple Watchの使い方調べてるなら教えてよ!、と言いだしたこと。ウチのApple Watch4が僕のものになるのは当分先かもしれない。



今日は最後まで読んでいただいても時計の話はありません。恐縮です。最近kindle unlimitedで読んだ本。

三戸政和著「サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい」(講談社+α新書)

IMG_0276

大企業で管理職を務めた経験がある人は、特段の専門性が無いと思っていても、実はマネジメントスキルが身に付いていて、且つ大企業だと当たり前にやっていた効率的な業務の進め方、ソフトウェアやノウハウを知っているので、その辺が圧倒的な競争優位なのである。

そして、非効率が多く業績が伸び悩んでいる中小企業で後継者がいなくて廃業せざるを得ないところを安く買収、あなたのノウハウを使って効率化したら大幅な改善の余地があるのである。

毎年1000万円の社長報酬に加え、引退時には大幅に業績改善した会社を売却することで巨額のキャピタルゲインを得られるのである!、ウッハウハなのである!、という内容だと理解しました。

焦り始める40〜50代のおじさん管理職にとって、なんとも耳触りの良い言葉が続いていました。うーん、勇気付けられますなあ。
ただ、最後まで読んでも、筆者の言い切りがなんとも怪しくて素直に読めませんでした。取らぬ狸のなんとやら。そんなうまい話があるはずなくない?

一点、売りに出されている中小企業の実例として、「腕時計の製造・販売」なる会社が挙げられていました。社名とか詳細書いてありませんでしたが、その会社、欲しいー。関西らしいですよ。


もうすぐ父の日ですね。

わたくしもね、就職してしばらくしてからは毎年、なにかしら父の日ギフトを送りつけてきています。みうらじゅん氏の提唱する親孝行プレイ実践の一環として。
それもかれこれ十ウン年間になるわけで、結構たくさんギフトも積み上がってきたわけ。今年は御殿場地ビールの詰め合わせセット、去年はのどぐろが入った北陸の魚の一夜漬け詰め合わせセット、一昨年はハワイのビール詰め合わせセット、エトセトラエトセトラ。

しかしながら、気付いてしまいました。そろそろお返しあるかな〜、と考えている自分に。父の日ギフトのお返しは、マンションの頭金がいいなあ〜、と期待している自分に。なんてことだ!

ということで、読み返してみました。

みうらじゅん著「親孝行プレイ」(角川文庫)

IMG_9465


改めて認識を新たにした次第。そう。私のやってきた親孝行は全て間違いだったのだ!みなさんも是非お読みください。

今日は、セイコーのネイビーボーイ。

FullSizeRender

ふと、思いました。投稿記事数が1500を越えている本ブログの読者数が増えないのは、どこかに問題があるのかもしれない。そう、本ブログには、わたくしの文章力が足りなかったかもしれない。

文章力さえあれば。読者の心をグッと鷲掴みにするキャッチーなフレーズや、おもわずニンマリとするユーモアなど、ポロポロ出てくるのでしょうなあ!

ということで、最近kindle unlimitedで読んだ本。
これでチョロチョロっと勉強したら、あっと言う間にPV数もうなぎ登りでしょうなあ!

苫米地英人「人を動かす「超」書き方トレーニング」

IMG_8563  

読了しましたが、著者の方のメッセージは以下に尽きると理解しました。全2484ページの本書において、227ページ目に書いてありました。序盤も序盤。
大事なことは、表面的な文章力を磨くことではありません。まずは、書くべき内容を自分の中にしっかりと持ってください。その内容は、他人に伝える価値のある内容でしょうか。あるいは、他人が興味を持って読んでくれる内容でしょうか。そうでなければ、他人に伝えるべきもの、他人が興味を持ってくれるものにまで高めてください。
つまり、内容がスカスカの場合、もうどうにもなんないのだと。ガーン。

結構面白く読めました。
後半の第四章、就職活動中の学生さん向けと思われるエントリーシートの書き方では、「自分の理想像と企業の求める欲しい人材像を研究してなりきれ」「なりきりはウソじゃない」「どうせ入社してしまった後は人事もどんなエントリーシートや面接だったからなんてどうせ覚えてない」という斬新な心得を説いておられました。コイツ何言ってんだって感じですが、一理あるかもしれない。
多くの人が勘違いするのが、「素の自分をわかってもらおう」とか「自分を見つめ直して、自分の長所を発見し、それを知ってもらおう」という考え方をすることです。これこそが「準備の間違った方向性」なのです。

今日は、シチズンのシリーズ8 804。

FullSizeRender

本ブログ読者層のみなさんにおかれては、既に読んでおられることでしょう。トマ・ピケティ著「21世紀の資本」。

2014年に世界中で一大ムーブメントを巻き起こしたらしいその本、最近また人気なんだそうですな。会社の電話会議でなんか喋っている人がいて、参加者は皆フンフンあれね、と。読んでるのが当然みたいな空気が漂っていて、とんだ疎外感。

そもそも、そんなピロティだかカバディだかカルディだかいう方、世間知らずなわたくしは知らなかったんですけど。誰やん。新手のポケモンかと思った。

ということで、kindleで購入……

IMG_8503

……しませんでした。しませんでした。しませんでした!なぜイエモンみたいに言おうとしたのか。

いやね、4840円て。たっかあ!有限な資本、どうせなら、同じく未読の名著である「鬼滅の刃」に使いたい。完結したらしいし、一気読みしたい。
でも、ピケティが何者なのか位は知っておいた方が良い気がする。ピケティは気になる、でもお金は払いたくない。科学者のような二律背反に、僕はぶつかったのです。

というわけで、kindle unlimitedで探してみました。ミキティ、じゃなかったピケティ、kindle unlimitedでもいくつか読むことができるのです。


1.「まんがと図説 ピケティと資本論」

IMG_8538



表紙から判断して、てっきり、ピケティ氏がこのサイドテールのキャリアウーマン風に女体化して色々教えてくれちゃう内容だと判断。違いました。

そしてマンガはピケティ氏の著書と関係ない。きっと、ピケティ氏が指摘している資本主義の課題を浮き彫りにするようなエピソードがマンガにされているのだろうと思いましたが、あんましピンときませんでした。ただ、解説はわかり易かったです。

要するに、現在の資本主義システムと低経済成長が続くと富裕層と貧困層の格差が拡大していくから、タックスヘイブンなど富裕層が課税回避できる仕組みを規制して累進課税で富の移転をすべきだ、と唱えているのだと理解しました。ピケティ……あんさん立派な人だったのね!


2. 橘龍介「中学生でもわかる!ピケティ超入門」

IMG_8513

こちらは老師的な登場人物が迷える若者にピケティの「21世紀の資本」をわかりやすく解説する、という内容。これもわかり易かったです。

こっちの方が漫画向きですね。老師的な登場人物は女体化させなければならないでしょうけど。

しかしコレ中学生が理解できるとなると、最近の中学生はたいしたもんですな!中学生なんて連中、馬鹿のひとつ覚えみたいにおしべとめしべのことしか考えてないもんだと誤解していました。僕が中学校の頃は赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズとスレイヤーズくらいしか読んでなかった気がするんだけど。

↑このページのトップヘ