haochiのこそっと腕時計ブログ

腕時計、その他(スタバご当地マグ、ビールのラベル、など)収集癖のある30代中盤会社員です。腕時計、ヨメサンにばれないように、こっそりと。

機械式・クオーツ、現行品・ビンテージ、アナログ・デジタル・デジアナ、なんでもありの素人が、ヨメサンにばれない範囲でこそこそ細々書いています。
と言いながらも、そろそろ気づいちゃった方もいらっしゃるのではないでしょうか。コレ、本当に腕時計ブログかしら?って。そうなのです。コレは腕時計ブログの皮を被った別ななにかなのです。

カテゴリ: 最近読んだ本

最近kindle unlimitedで読んだ本。

フミコフミオ著「ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと……と考えると胃に穴があきそうになる。」(KADOKAWA)
IMG_7601

わたくしが同氏のブログを知ったのは1〜2年前なので、完全なるにわか。しばらく前の私小説を彷彿とさせる語り口、プライベートの切り売り、そして同氏の周りにいる上司・部下・同僚のセクハラパワハラ新人類的エピソードの数々。どこからフィクションなのか判断つかないけれど、面白いなあと時々拝見してました。

今後もブログ更新頑張っていただきたいのでね、お布施として電子書籍も買って差し上げようかという思いが頭を掠めましたが、定価が1,287円もしたので断念。1,287円て。たっかあ!
まあ、kindle unlimitedでも僕が読了したことで何かしらのお賽銭は送られたはずなので、これからも頑張ってください。

本書の内容、ブログの焼き直しというわけではないんですね。既視感のあるエピソードが散りばめられていているんですが、だいぶ新しく書いておられるっぽい。
あと、改行が少なく、文字数が詰まっている。本書の定価1,287円も、一文字あたりに割ったら高くないのかもしれませんな。



49マグ目 シドニー

IMG_7634

シドニー。わたくしごとながら、高校の時の修学旅行の行き先だったんです。県立高校だったんだけど、文系特別コースみたいなカリキュラムで、英語学習に力を入れていたから。

んで、当然ですが修学旅行の積立金が高額。

その積立金が高額であることについて、ウチの親父が保護者会だかなんかで学校に対して強硬にクレーム入れていたのだと。ちなみに当該文系特別コースの修学旅行は海外であることは、入学前から説明されていた。なので、コイツ今更何を言い出すんだ空気読めない奴だな誰の親だ、となったのだそう。高校卒業してから20年くらい経って知りました。ウチの親父、クラスの保護者たちの間で孤立してたんだってさ……


IMG_7635

僕はそんなことになっていたとは露知らず、わあいシドニーだあ、と、夢枕獏が描く孤高の吸血鬼ハンターのお話「吸血鬼ハンターD」を片手に出発。
往路の乗り継ぎでワンストップしたシンガポールのチャンギ空港で東南アジア風のお面を買って小遣いを使い果たしたこと、ひとりで「吸血鬼ハンターD」を読んでいた以外の記憶は特に残っていない。

IMG_7636

先週は、空き時間になると横山光輝「三国志」を開いていました。自宅だとWi-Fiあるもんだから。在宅勤務バンザイー。

そんな折に、目に飛び込んできたのは以下の記事。

「隠れ『働かないおじさん』がテレワーク強制で次々あぶり出された理由」(2020年3月30日付ダイヤモンドオンライン)。
IMG_7554


内容自体には特筆すべきものはありません。ノートパソコンの電源ケーブルを持って帰っていないとか、outlookのステータスがいつも黄色だからずっとパソコン触ってないことが丸わかり、とか。
ただ、記事タイトルが秀逸。僕らおじさん世代が抱える、漠然とした不安とそこはかとない焦燥。そんなおじさんの胸のうちを的確に抉ってきましたね、ダイヤモンドオンライン。冷水を浴びせるとはまさにこのことでしょう。

んで、こりゃイカン、と。

いや、今この瞬間に働いていないことがばれるのが怖いんじゃないんです。会社でも暇な時間は訪れるもんだからね。

ただ、会社にいたら空き時間があったとしても、新聞だったり業界紙だったりビジネス書だったり、まだまともなものを開いていたはず。周りの目があるから。

そんなわけで、せめて言い訳ができるものを、という気持ちでもって、今日kindle unlimitedで読んだ本。

リブロワークス著「スラスラ読めるexcel VBA ふりがなプログラミング」

IMG_7549

結局、マクロはネットで検索してコピペするしかないってことが分かりました。自分で組み上げるのは、無理だよ。  

なお、賢明なる読者諸賢におかれてはご承知のことと思いますが、このブログはフィクションであり、在宅勤務で働いていないと前述している「僕」なる人物は、所謂非実在おじさんであることを申し添えておきます。そう、現実とは一切関係のない、ハリウッド映画のキャラクター的なやつ。

前置きが長くなりました。

45マグ目 ユニバーサルスタジオ・ハリウッド

IMG_7487

IMG_7488 

IMG_7489

このマグにはハリーポッターが見当たりません。

コロナ騒動に関連して、kindle unlimitedで見かけた本。

ベリー西村「コロナXとイルミナティ」

IMG_7168

どうやら自費出版ですかね。飲み会に時々いる陰謀論おじさんの語りを聞かされた感じでした。
陰謀論者にも色んなタイプがいらっしゃいますが、このベリー西村さんという方はイルミナティは地球人口を5億人に減らそうとしている!、と、イルミナティによる人類削減計画を看破したみたい。そしてその背景には、古代に宇宙からやってきた「龍族」と「蛇族」の因縁があるのだそう。ふーむ、この人、陰謀論者なのかしら。実に興味深い。

今日は、ブライトリングのコルト。クオーツ。

FullSizeRender

FullSizeRender

kindle unlimitedで読んだ「ぼぎわんが、来る」が良かったので、続編をお金を出して購入しました。

IMG_7068

IMG_7155

IMG_7156

うーん。面白かったのは面白かったんですが、「ぼぎわんが、来る」には一段及ばなかったような。「ずうのめ人形」も「ししりばの家」も、基本的に一人称で語り手に都合の悪いことは伏せてストーリーが展開するのと、語り手がいる時間軸が終盤まで明かされないのはうまいですよね。
図書館で借りるんだったらおすすめします。

今日は、フォルティスのロゴシリーズ。パナソニック。

IMG_7118
IMG_7119

最近はkindle unlimitedで読んだ本というか漫画。矢口高雄「マタギ」(ヤマケイ文庫)

IMG_7104

名作「釣りキチ三平」の作者である矢口先生が描いたマタギの漫画。絵柄が一緒ですね。

山と渓谷社のヤマケイ文庫は、結構たくさんkindle unlimitedにラインナップされていて、時々読みます。山岳遭難・雪山遭難・道迷い遭難などのノンフィクションとかいくつか読みましたが、どれも非常に興味深い。インドアな僕には一生縁が無いと思いますけど。
あと、「マタギ奇談」という本もあります。色んなマタギの人にインタビューして集めたノンフィクションもので、月並みですが事実は小説よりも奇なり、という言葉を思い出します。

今日は、シチズンのプロマスター。

IMG_7085

IMG_7084

↑このページのトップヘ