haochiのこそっと腕時計ブログ

腕時計、その他(スタバご当地マグ、ビールのラベル、など)収集癖のある30代中盤会社員です。腕時計、ヨメサンにばれないように、こっそりと。

カテゴリ: ニュース

「黒字リストラ」。この単語、毎日ニュースを賑わわせてますね。
なぜ今さらこんな話をするかと言うと、数日前の日経に、以下の記事あったため。

「黒字リストラ」拡大 昨年9100人、デジタル化に先手 

この記事内にカシオ計算機の名前が挙げられていて、注意を引いたんです。カシオ約160人の早期退職実施と。すわ、またカシオがやりおった!、と思いましたが、去年の初めに実施したリストラのことですね。紛らわしい。

リストラ、不謹慎ながら、どこか遠い世界の出来事な気がしていたんです。彼方のリストラ、って、やつですな。不謹慎でした。

そうは言っても、やっぱりリーマンショックであるとか大赤字にならない限りは縁遠い印象が抜けきらないのが正直なところ。
しかしながら、今では、組織の機構改革、新陳代謝、同一労働同一賃金、物言う株主、再雇用が70歳まで延長、などなど、理由はよりどりみどり。経営陣からしたら、ワシら好きなときにリストラやっちゃうんだもんね、みたいなのが一般化していくんでしょうか。それでも外国企業のように朝呼び出されて昨日解雇がないだけマシと思わないといけないのかしら。

いくつか記憶に残っていた記事をピックアップしてみました。

1. 2019年12月29日 日経

「割を食うのは30~40代 岐路に立つ正社員制度

浜銀総研・遠藤裕基氏に聞く」

年功賃金は「後払い型」といわれる。20〜30代に貢献度より低い賃金で働き、40〜50代に貢献度より高い賃金を受け取る。(後略)

今後、同一労働同一賃金が一般化することになり、年功賃金は無くなる。つまり今の30〜40代は、貢献度の低い賃金で働いた期間分取りっぱぐれちゃうのだそうです。ガーン。上の世代も下の世代もズルいよ!まあ、僕が若い頃に給料以上に貢献していたのかは良く分かりませんけども。


2.2019年11月11日 ビジネスインサイダー

「リストラ数は6年ぶりに1万人超え。業績好調でも早期退職者を募集する理由」


希望者全員の65歳までの継続雇用制度の導入を企業に義務付けている高齢法では、現役世代以上に解雇することが難しい。例えば60歳以上に限定した「早期退職募集」は困難とされている。そうであるなら40〜50歳代にリストラに踏み切る方が得策と考えて不思議ではない。(後略)
そろそろ定年を迎える方の場合は、給料が半額になるとしても65歳あるいは今後は70歳までは雇用されるが、居座られないように今後は定年の前までにドンドン首を切っていくのだと。ウーン、合理的ですな。

ところでわたくし、再雇用された嘱託の方を見かけるたびに、定年前とおんなじ仕事してるのに給料半分なんてカアイソウ、優しくしてあげなきゃ、、とか思ってたんですが、これを知って完全に見る目が変わりました。あいつら!


3. 2020年1月15日 東洋経済オンライン

「味の素「希望早期退職者募集」で考える会社員の行方」


ちょうど今日の記事。ホラこうやって、リストラはされるほうにとっても良いことなのよ〜的なことを言い出す有識者なる方々が現れて徐々に世論を誘導するのでしょう。

まあ、つまり、自分の身は自分で守れということなんでしょうか。年が明けてからというもの、僕の携帯の検索履歴は「学び直し」で埋め尽くされているのです。

今日は、ミドーのワールドタイマー。

FullSizeRender

FullSizeRender

今日の日経新聞記事。

「SNS投稿写真 悪用リスク ピースサインから指紋 瞳から撮影場所を特定」(2019年12月7日 日経新聞)




しかし、結構前から同様の報道はされていましたよね。
何故今になってまたニュースになってるんだろう。実際の被害が増えているのかしら。数年前にはこんな記事も。特に新しい情報があるようにも見えない。


「スマホで指紋が盗まれる?"映りすぎ社会"到来!」(2017年4月5日 NHK クローズアップ現代)




このブログにおいては、どうせ僕の貧相な腕元しか映さないんだからー、と関係ないと思っていました。

ただ、よく考えたら、風防のガラスや、美しくポリッシュされたステンレスケースに風景や顔が映り込んでしまうこと、ありますもんね。

IMG_2907

今日の時計、ハミルトンのカーキサブ。携帯のカメラが風防ガラスに映り込んでいました。
しかし映り込み云々以前になんなんこの写真…。

過去に投稿した記事の写真にね、映り込みがあったかどうかなんて、ちゃんと確認した記憶もありません。時計の反射から個人情報が特定→拡散→過去の馬鹿みたいな投稿が吊るし上げに→僕鬱、のスタグフレーション的ループが始まっちゃうのでは。こわいわー超こわい。みなさん、そんないじわるしないでください

しかし、過去に自分が投稿した愚かな記事を読み返すなんて、小学生の頃の作文を読まされる的な恥辱プレイ。嫌でたまらないのですが、これも自分で蒔いた種。頑張ってちょっと整理したいと思います。

LVMHによる162億ドルでのティファニー買収、話題ですね。


ティファニーさんがどう変わろうと、僕たちおじさんには関係ないと思った貴方。どっこい、時計があるんです。当然、ティファニーの時計戦略にも影響あるでしょう。

ティファニーのパテックフィリップとのコラボレーションやロレックスとのダブルネームはあまりに有名ですが、近年の時計戦略はなかなか悪戦苦闘しておられた印象があります。
2007年にスウォッチグループと提携したものの、2011年には提携解消。訴訟沙汰になり、ティファニーは敗訴して4億ドル以上の賠償金を支払うことになったのはまだ記憶に新しい。


その後は、なんだか横向きの時計やらクラシカルな顔つきのものやら再度時計に力を入れつつある印象でしたが、これがどう変わるのか。

宝飾品はブルガリよりも下の価格帯らしいから、時計もその位置付けにされちゃうのかしら。 


そして、LVMH会長のベルナール・アルノー氏。みなさんご存知でした?「カシミヤを着たオオカミ」「ファッション界の法王」「ターミネーター」「フランス・ファッション界の帝王」などと呼ばれているらしい。かあっこいい。1つだけでもカッコ良い二つ名を、2個も3個も持っているなんて!1個譲ってくれないかしら。できれば「ターミネーター」以外で。

僕は不勉強なもので今回初めて知りましたが、アルノー氏の略歴は以下。
  • 1949年フランス生まれ。
  • 2018年フォーブス誌によると、世界4番目の大富豪。2019年の長者番付ではビルゲイツを抜いて世界第2位に。推定資産は11兆3700億円!
  • 実家は不動産業(建築業と書いてある記事も)。フランスの名門の国立理工科大学卒業後、家業を継ぐ。
  • 1984年 クリスチャン・ディオールを所有する仏繊維会社を買収し、ブランドビジネスに参入。
  • 1988年6月 LVMH内部の対立に乗じてLVMH株の30パーセントを取得
  • 同年9月 LVMH株の10パーセントを追加取得
  • 1989年1月 残りのLVMH株を一斉買収、LVMH会長に就任
  • 同年 グッチ買収断念
  • 1993年 ケンゾー、ベルルッティ買収
  • 1996年 セリーヌ、ロエベ買収
  • 1997年 DFS(免税店チェーン)、セフォラ(化粧品チェーン)買収
  • 1999年 タグホイヤー、ゼニス、ショーメ買収
  • 2000年 エミリオプッチ買収
  • 2001年 フェンディ買収
  • 2002年 デビアス買収
  • 2003年 エベルをモバードグループへ売却
  • 2008年 HUBLOT買収
  • 2011年 ブルガリ買収
  • 2010〜2014年 エルメス買収に取り組む(ハンドバッグ戦争)が、断念

僕らが、就職祝いやらボーナスやら記念日やらで、悩みながらもこじつけた理由で背中を押し、背伸びして手に入れた財布やら靴やらバッグやら時計やら。喜んでくれるかなと胸を高鳴らせてあの子に贈ったあれやこれや。それらは全て、アルノー氏を世界第2位の大富豪の座に押し上げるための養分となっていたのです。ガーン。知らんかった…

こんな烏賊がわしいブログごときが同氏を評するなど烏滸がましいにも程がありますが、一言だけ。アルノー氏、やるのう!


今日は、ノモスのクラブ キャンパス38。

IMG_2695

FullSizeRender




こんな記事がありました。

「若手社員の出張 エコノミー検討 トヨタ、「好待遇」是正へ」

変更対象は資格が主任職以下の社員で、20〜30代が多い。現行基準では渡航時間が10時間以上の出張では、ビジネスクラスを利用。見直し後は渡航時間の長さに関わらず、エコノミークラスの利用とする。<中略> 一方、部長や室長などの管理職については渡航時間が4時間以上、課長級の基幹職と主任職は10時間以上の出張で、いずれもビジネスクラスを利用しているが、今後も見直しはしない。
ということだそうです。他人様の会社内部の決まりに口出しする人はいないと思いますが、なんの意図でわざわざ発表したのかしら。

そして、この「渡航時間」の定義が、(1)一本のフライトで10時間、(2)乗り継ぎフライト合計で10時間、はたまた(3)フライト時間合計に乗り継ぎの場合のトランジットの待ち時間まで含めて10時間、のどれなのかが、わたし気になります。

今日は、シチズンのクラブラメール。コスモサイン。

FullSizeRender

FullSizeRender

↑このページのトップヘ