haochiのこそっと腕時計ブログ

腕時計、その他(スタバご当地マグ、ビールのラベル、など)収集癖のある30代中盤会社員です。腕時計、ヨメサンにばれないように、こっそりと。

機械式・クオーツ、現行品・ビンテージ、アナログ・デジタル・デジアナ、なんでもありの素人が、ヨメサンにばれない範囲でこそこそ細々書いています。
と言いながらも、そろそろ気づいちゃった方もいらっしゃるのではないでしょうか。コレ、本当に腕時計ブログかしら?って。そうなのです。コレは腕時計ブログの皮を被った別ななにかなのです。

カテゴリ: 今日の腕時計

今日は、セイコーネイビーボーイ × xiaomi Miband5。

IMG_2079

ダブル・リスティングの際のリストショットの撮り方について、タイマーをセットしかるのちに顎でiPhoneを挟んで心静かに待つ、これが唯一の正解であると申し上げてきました。

が、この度、もう一つの方法に気が付いてしまったのでね、披露させていただきます。

まずカメラを起動させた iPhoneを顎で挟み、しかるのちにMiband5を優しくタッチ……

IMG_2084

カシャリ!

そう、Miband5にはスマホのカメラのシャッターを押す機能が付いている。スマートウォッチやスマートバンドに時々備わっているこの機能。何の意味があるのか常々疑問に思っていました。が、その用途がついに判明。

そうか、スマートバンドのカメラシャッターボタンは、ダブル・リスティング中のリストショットのためにあったんだ!

特段の設定も必要ありません。Miband5の「More」→「Camera」を選んで、そしたら画面に表示される白いボタンをタッチするだけ。

iPhoneを長いこと顎で挟んだままにしなくてよいのでね、きっと頚椎などへのダメージも減ることでしょう。

IMG_2083

問題はiPhoneのカメラがどこを向いているのか見当もつかないこと。右腕は入ってなかった。

しかし毛玉だらけのセーターですなあ!お恥ずかしい。お目汚し失礼しました。



今日は、ミドーワールドタイマー × xiaomi Mi band5のダブル・リスティング
車が植え込みに突っ込んで絶望している人ではありません。

FullSizeRender

(なお、ダブル・リスティングとは片腕にスマートウォッチもしくはスマートバンド、もう片腕に普通の腕時計を着用する行為です)

しかし、顎でiPhoneを挟んで両腕の写真撮ろうとしても、どうしてもうまく撮れないんですよね。その上、タイマーだと毎回バシャバシャバシャーと10枚連続撮影になっちゃう。どうにかならないのかしら。

IMG_2030


ところで話は変わりますが、最近、クラウドファンデングで資金調達中のVALIMORというマイクロブランドの記事を見かけます。


FullSizeRender
出典:https://greenfunding.jp/earthship/projects/3849

人生は戦いであり、あなたがたとえ戦士でなかったとしても一生戦い続けなければなりません」がキャッチフレーズのマッスルなマイクロブランドなのです。
さすがブルースリーの本場、香港発の会社だからですかね、気合いが違う。

FullSizeRender

そんなVALIMORさんが売りにしているのが、「ロレックスについて熟知しているモンダーニ氏が称賛した」こと。ええーあのモンダーニ氏がー!?

FullSizeRender

と、いかにもモンダーニ氏のことを知ってるかのように申し上げてしまいましたが、わたくし浅学菲才の身にて、モンダーニ氏なる方のことを知りませんでした。

チョロっと調べてみたところ、モンダーニ氏、実在する人物なんですな。てっきり非実在おじさんかと。てっきりモンドセレクション的に、日本人が知らない外人の名前をデッチ上げて権威付けしているのかと穿った見方をしてしまった。どうもすいません。

でも、モンダーニ氏が実在することは確認できましたが、あくまで苗字を書いているだけだからロレックスの著書多数でその道で有名なGuido Mondani氏を指しているのかは分からないですよね。
もんたよしのりアダ名はモンダーニです、みたいなおじさんだという可能性も捨て切れない。おくちくちゅくちゅモンダミンが大好きモンダーニです、みたいなおじさんが出てこないとも限らない。裏取りをせねば!

すると、出てきました。MONDANIWEB.COMなるサイトが。


要するに、時計メーカーや時計のオークションや販売を行うディーラーが、このMONDANIWEBに登録。お金を払うことによって、MONDANIWEBさんが評価して箔を付けてくれたり、インスタグラムに週に何回以上コメントを入れてくれる、ということだと理解しました。

で、おそらくGuido MONDANI氏がこのMONDANIWEB.COMの中の人なんでしょう。

そして、同サイト内の「パートナー」のページに、VALIMORさんの名前と概要が。

IMG_2028


つーか、ベルジョンの道具で組み立てていることがアピール材料になるとは。さすが、人生は戦いだからね、使えるものはなんでも利用しちゃう。 

で、僕の理解が正しければ、VALIMORさんが宣伝する「モンダーニ氏が称賛」というのは、ある日街をふらふらそぞろ歩いていたモンダーニ氏の目に飛び込んできた腕時計…その文字盤にはVALIMORという名前…無名の新興腕時計メーカーなど普段ならば素通りするのに、何故だか目が離せない…ああ〜なんて素晴らしい作りなんだ〜ブラボー!、とモンダーニ氏が称賛した、という話ではないですね。モンダーニ氏がイタリア人なのかどうかわたしは知りませんけど。

きっと、VALIMORさんがMONDANIWEBのパートナーに登録して、MONDANIWEBにお金を払って評価コメントを貰った、ということだと推測します。かしこーい。VALIMOR、単なるマッチョ集団ではないと睨みました。

とまあ、なんだかんだ申し上げてしまいましたが、このVALIMORの時計は結構面白いですよ。ドラゴンの鱗だの背骨だの、騎士の剣だのヨロイだの、、、ぐぐぐ、僕の心の奥底に封印したはずの厨二が、疼きやがるぜ!



時計ランキング

今日は、swatch x BAPE × Miband5のダブル・リスティング

IMG_2016

似たり寄ったりの製品が各社から発売されるスマートバンド市場。

そんなレッドオーシャンなマーケットにおいて、xiaomiのMiband5が売りにしているのはバリエーション豊かな文字盤だと理解しています。

なんでも、エヴァンゲリオン、名探偵コナン、スポンジボブ、初音ミク、の文字盤が用意されているのだと、色んな記事で見ました。

FullSizeRender


二次元之力」。中国語でも二次元って言うんだ!


エヴァンゲリオンの登場人物のご尊顔を文字盤に入れて常に慈しむ。うーん。時々文字盤を変えてみたりしてね、今日は綾波明日はアスカ、明後日は新キャラの眼鏡の子、と日替わりでコッソリ眺めれば笑い方を忘れた僕も思わずニッコリ。いいじゃないの!


とエヴァンゲリオン文字盤にしちゃおうかしらんと期待していました。が、これらのコラボ文字盤、iPhoneのMiFitアプリに見当たらないんです。

もともと入っている文字盤は以下。きっと、これらが刺さる人もいるんでしょうけど、僕にはピンとこなかった。

IMG_1887
IMG_1889
IMG_1893
IMG_1891
IMG_1895
IMG_1894
IMG_1896
IMG_1897

ネットで検索したところ、iPhoneの言語設定を中国語に変えればエヴァンゲリオンが出てくる、という情報もありました。試してみましたが、出てこなかった。

iPhoneじゃなくてAndroidなら、と思い、一旦ペアリングを解除、Androidスマホでペアリングしてみました。が、こっちも駄目。

xiaomiのMiband5には、グローバル盤と中国国内盤というのがあるらしいので、中国国内盤だけの仕様なのかもしれません。

ということで、エヴァンゲリオン目当てでxiaomiのMi band5を選ぼうとしている方はご注意ください。

残る方法は、サードパーティ製の文字盤を使うこと。

AndroidのGoogleプレイストアにMiband5 Faceなるアプリがあり、これでサードパーティの文字盤があります。広告が表示されますが無料でダウンロードが可能。

その中に、エヴァンゲリオンやらコナン君やらの文字盤もありました。ただ、なーんか絵がニセモノくさいんですよ。

まあ、Androidスマホをお持ちの方は試していただければと思います。ROLEXと書いた文字盤やナイキマークの文字盤など、なんだコリャ的なものもありますけど暇つぶしにはなります。

注意したい点は、ダウンロードした文字盤はスマホ本体に保存されること。ペアリングをAndroidからiPhoneに戻したら、ダウンロードした文字盤は失われます。



 


最近kindle unlimitedで読んだ本。

山下マヌー著「ハワイで聞いた 心にひびくアロハな話15」(小学館文庫)

IMG_1651

著者のマヌー氏は何冊もハワイ本を出しておられる。ハワイ本はたくさんありますが、山下マヌー、本田直之、赤澤かおり、へなちょこしゅん、といった方々が著したハワイ本は読み物としても面白いし、参考になると思います。

本書は山下マヌー氏とハワイと関係の深い15人の方とのインタビューをまとめたもの。ガイドブック要素は皆無です。

なので、ハワイに行っても、うわあ〜いワイキキビーチだあ〜アメリカだあ〜免税店だあ〜ステーキだあ〜、とキャイキャイ無邪気にはしゃぐだけの僕みたいな方は、本書を読んでもあんまし心に響かない可能性がありますのでね、ご注意ください。僕は、フーンそうなんだー、とパラパラめくっているうちに本が終わってアレレ?、となりました。

ハワイにアメリカ的ビーチリゾートを求める人じゃなくて、ハワイを求める人向けの本だと思います。

でもハワイに行きたい熱が高まってしまった。行けっこないと思うと尚更ですなあ。

ちなみに、kindle unlimitedで、僕がおすすめするハワイ本は以下です。






前置きが長くなりました。

今日は、レビュートーメレビュースポーツ30s ×miband5のダブル・リスティング

IMG_1945

右腕にMiband5を装着して24時間経過しました。現時点での感想は以下。
  • ペアリングを切断してやり直したり、ストレスを計測したり、用もなくアラームを鳴らしてみたりとなにかと触っていたにも関わらずバッテリーが8%しか減っていなくて驚きました。むしろ充電コードをどこに仕舞い込んだか分からなくなる事態を心配しています。
  • 僕は右利きで、ダブル・リスティングのために右腕にMiband5を装着しています。結果、右利きなのに右腕に腕時計着けてる方が心配になりました。手の甲に竜頭が食い込むのを嫌って右腕にパネライとか着けてる方、いらっしゃいますよね。あの、本ブログの品格的に申し上げて良いものかどうか悩みますが、右利きの人が右腕に腕時計着けてお尻拭いたら、当たっちゃうでしょ。何がとは申しませんが。

相変わらず、iPhoneを顎に挟んでリストショットを撮っています。

IMG_1933
 
で、今日はiPhoneが顎から落ちてしまった。全く、油断しちまったぜ!猿も木から落ちる。そしてiPhoneは顎から落ちる。

IMG_1932

危ないー

IMG_1931

IMG_1930
IMG_1929




色んなところで報道されてますけど、シチズンのムーブメントや腕時計の製造と組立をするシチズン時計マニュファクチャリングが希望退職を募集だそうです。

クオーツムーブメントの外販が伸び悩んでいるのだそう。

そういえば、フォッシルのファッションウォッチはスマートウォッチと競合するので影響を受けている、という話はありましたもんね。
シチズンさんの外販用クオーツムーブメントを載せた製品と言えばポールスミスあたりが思い浮かびますので、その辺はフォッシル同様にスマートウォッチに食われてしまってるということでしょうか。ありえる。

なお、時計事業の内、どのくらいの割合がムーブメント外販なのかは公表されていないのでわかりませんが、全体の売上推移は以下。
しかし、時計事業はシチズンさんの売上の半分くらいしか無かったんですね。

IMG_1647

今回の発表ではコロナの影響を前面に出しているけれど、もともと外販ムーブメントを絞っていく方針だったみたい。

今更ながら、2020年3月期の決算発表をざっと見てみました。


FullSizeRender

出典:https://www.citizen.co.jp/files/FY19_4QP.pdf

2020年3月期決算において、「ムーブメントに依存しないシチズンブランドを核とした収益拡大」を掲げておられる。
次のページには、機械式ムーブメントの需要は取り込みたいと書いてあるのがよく分からないんですが、外販ムーブメントはクオーツから機械式ムーブメントにシフトしていきたいということか。

で、外販ムーブメントは「さらなる合理化によるコスト削減」し、自社製造はブランド価値を高めて販売単価アップを追求する、というのが方針なのかと想像しました。

うーん、できればもうちょっとワクワク感が欲しい。

生意気申し上げて恐縮ですが、わたくし、いちおうシチズンさんの端株を持っているのでね、提案させていただきます。

例えば、スマートウォッチとの共存を前提に、スマートウォッチとのダブル・リスティング専用の時計なんていかがでしょうか?

ダブル・リスティング前提であれば、例えばデイデイトを始めとした実用的な機能は一切取っ払ってしまっても良いはず。
大事なのは、スマートウォッチと左右の腕に着けた際に重量的に釣り合いが取れること、左右の腕どちらに着けてストレスにならないこと、スマートウォッチに馴染むデザインや素材、あたりだと思うんですよね。期待しています。

今日は、シチズンのプロマスター。

FullSizeRender

FullSizeRender


時計ランキング

↑このページのトップヘ