haochiのこそっと腕時計ブログ

腕時計、その他(スタバご当地マグ、ビールのラベル、など)収集癖のある30代中盤会社員です。腕時計、ヨメサンにばれないように、こっそりと。

カテゴリ: 今日の腕時計

今日は、ベンラス。

FullSizeRender


まあ、時計趣味の方はたくさんおられますが、わたくしクオーツの所持率が高い方なんじゃないかと思います。
たいてい、時計好きな方の間でクオーツの評価は一般的に低いみたいですもんね。
とは言いながら、わたくしとしてはクオーツへの評価を引き上げていくべきだと考えており、いくつか腹案があるのです。
欠点はいろいろありますよ。
インデックスにピタッと秒針の先っちょが合わないとか。
軽過ぎるとか。
異音がうるさい(特にスウォッチやタイメックス)とか。 
また、電池交換で裏蓋を開けてみた時に小指の爪くらいのいかにも使い捨てなムーブメントがこんにちはしたらガッカリします。
職人の手作業がキーワードだとして、クオーツの地板に装飾を加えるわけです。
楽しいのは裏スケだから、クオーツも基本グラスバックにして装飾付きのクオーツムーブメントを見せるというのかどうでしょうか。

FullSizeRender

ということで、世の中の流れにいつも敏感でありたい本ブログとしては、最近流行りの縦読み文書を取り入れてみましたがいかがでしょうか。僕は何を言いたかったのでしょう。たかしあいしてる、ではありません。

あいうえお作文とおんなじだと思いますが、なかなかムツカシイもんで、どうにも自然な文章にはなりません。普段以上に意味がわからない内容で恐縮です。

つーか、木下女史とか、ザ・おバカタレントという扱いでしたが、実は結構賢かったのではないでしょうか。

今日は、スウォッチ x BAPE。

FullSizeRender

FullSizeRender

相変わらず、学び直しをキーワードにkindle unlimitedでそれっぽい本を読んでいます。

須藤英彦著「50歳からの社会人大学院生活のすすめ」

IMG_6225

よくわかりませんが、自費出版っぽい。kindleで自費出版ってあるのかしら。

中高年サラリーマンは、積極的なリストラ対象にならなかったとしても偉くならなかった場合、徐々に会社の中での居場所はなくなっていくし、会社もセカンドキャリアを考えるように勧めてくる。うむむ、なんとなく想像がつきます。んで、著者の方は会社に残りながら大学院に行ったのだと。
ポイントは、著者の方は特にサクセスしていないと思われること。ふーむ、リアリティがあります。

本日、我が人生において2回目くらいの一本締めを執り行いました。といっても会社で行った歓迎会兼新年会という内輪イベントですが。

四捨五入して40歳になってから早数年、過去1回しかやったことないのは、たいがいの飲み会において、中締めの前には前後不覚に陥っていたため。つまり、僕がお店で寝なかったないだけで立派なもんなのです。前回の会社の集まりでは前歯が欠けたし。

そして、帰宅後はスタートゥインクルプリキュア、仮面ライダーゼロワン、騎士竜戦隊リュウソウジャーの三連コンボ。ウチの子は既にスタートゥインクルプリキュアの次を見据えている。しかしもうスタートゥインクルプリキュア終わっちゃうのん!こないだ始まったばっかなのに。時間が加速しているとしか思えません。キラやばー。

今日の午後着けていたのは、セイコーのネイビーボーイ。

IMG_6278

そして一本締め、っつーのはそう、なかなかムツカシイもんなんですな。あんなに簡単そうなのに。

これまで一本締めをやってるおじさん達を見るたびに、みなさんのご健勝と会社の業績アップを祈念いたしましてお手を拝借…とかなんだか、みなさんクソつまらない定型文をモゴモゴ喋っとるわいと眺めていました。が、おんなじこと言っちゃった。僕のイマジネーションは既に喪われてしまっていたのか。ガーン。

IMG_6279

あと、もひとつ気になったのは、冒頭、偉い人が乾杯の挨拶をしている最中に、テーブルの反対側に座っていたウチの若いのがちょいちょい構えたグラスに口をつけていたこと。支店長がなんだかんだ喋っているのを横目にグビリ。令和2年が〜、グビリ。今日はナントカさんとナントカさんが新しくメンバーに加わってくださいましてこれからますます〜、グビリ。

わたくし、会社のイヌとしては、例えそれが内輪の新年会であったとしても偉い人の乾杯の発声までおあずけわんわんするのが当然だと思っていたんですけど。違ったのかしらん。

数日前に、にほんブログ村のブログランキングに登録してみました。今さらながら。

今日は、マーヴィンのマルトン160 クオーツ。ピンク。

IMG_6267

うむむ。これはなかなかパンチがある。

FullSizeRender

ケース直径は42mm。厚みもかなりある。

想像ですが、紺色のハーフパンツに白いシャツ、といったリゾートっぽい格好であればアリかもしれない。

しかし、今日の僕のトンチンカンな茶色い柄シャツはなんなんでしょうな。お目汚し失礼しました。

FullSizeRender


そしてMARVIN、最近めっきり見かけないですよね。

たしか2009年に鳴り物入りで本邦再上陸。しかしながら、2015年に日本の輸入代理店であった(株)ムラキが取り扱いを終了。

同社のプレスリリースでは、MARVINブランドのオーナー交代が理由と説明されています。

IMG_6265


その後は日本向けの輸入代理店は決まっていないのか、ネットでちょろっと検索してみた限りでは見当たりません。

一方で、MARVIN本体はどうなったのかというと、謎。ウィキペディアにもMARVINないんですよね。

しかしながら、同社のホームページはあります。こちら↓。

IMG_6257


公式ホームページは中国語。いちおう右上に言語メニューがあり、英語とフランス語も選択できますが、英語を選択しても中国語のまま。フランス語を選ぶとほんのちょっとフランス語表記が現れるだけで9割以上はやっぱり中国語。

本ホームページを解読すればMARVINの現状が分かるのかもしれませんけど、想像するにムラキさんのプレスリリースにあった2015年のMARVINブランドのオーナー交代とは中国資本に買われちゃったということなのかも。

または、キューバの大英雄チェ・ゲバラ氏が愛用していた腕時計というのが売りのMARVINなので、共産圏である中国が主戦場ってことでしょうか。

ちなみに、僕が今日着けているマルトン160 クッションケースクオーツの説明がHP内にありました。以下。
测试产品M022.13.84.88
莫尔顿枕形系列, 女表
HISTOIRE
摩纹他160靠垫2012年春/夏版:情人万岁!就像我们所珍视的一个秘密一样,摩纹用我们交换、提供、互相挤压、心情带着我们,以及每当我们如此渴望的时候,这些十二指肠迷惑了我们。各种各样的变化与它们的感官暗示的对比色,手挽着手走或预示一个美味的邂逅…男孩和女孩!随着2012年春天的到来,摩纹展示了它的高度清新,辛辣的颜色变化,致力于所有那些喜欢分享他们的钟表。场景是这样设置的……这些成功匹配,充满活力的双重奏。选择你最喜欢的鸡尾酒!穿孔复古肩带为其设计增添了最后的触感。这款手表有着明快的颜色,与表盘完美融合,呈现出一种乐观的夏日风格。
マルトンは中国語で「莫尔顿」と書くみたい。あらー、宝貝みたいでカッコいいじゃないの!封神演義的。

そしてクッションケースは「枕型」、シリーズは「系列」ですな。想像の範囲内ですが。なるほどなるほど。

で、中程にある、「美味的邂逅…男孩和女孩!」というなんとも蠱惑的な表現が気になりました。コレ絶対ボーイミーツガール的な意味でしょ。男子が女子に出会う、それは美味的邂逅なのである…!
そいから、完全に十二指腸迷惑、と言ってる箇所があります。コレほんとに腕時計の説明なのかしら。

今日は、タグホイヤーのプロフェッショナル1500。

FullSizeRender

FullSizeRender

ところで、昨日、kindle unlimitedで以下の本を読んでみました。

栗原理央子監修「子どもにつけたい外国語由来の名前 世界で通じる名付けBOOK」(世界文化社)

IMG_6241
監修の方は、ベネッセ「たまひよ しあわせ名前研究所」顧問。いわば名付けのプロフェッショナル、名付けの権威!

その名付けの大御所が、「世界で通じる」英語、フランス語、ポルトガル語、イタリア語、スペイン語、韓国語、中国語、ハワイ語から日本人の名前に使える単語を厳選しました!、というのが本書。
外国の言葉に由来したこれらの名前は、従来の日本語名にはあまりない、新鮮な響きを感じさせます。また漢字表記にすることで、日本の伝統的な面と新鮮さを併せ持つ、魅力に溢れた名前になるはずです。

で、僕の感想ですが、ひどい。

kindle unlimited契約済みの方は是非読んでみてください。いや、読むとこんな本を作った人が儲かるのか。みなさんにも読んでみて欲しいんだけどこの作者にkindle unlimitedの収益が入るのは許せん。うーん、どうしたらいいんだ!科学者のような二律背反、ジレンマに引き裂かれております。

まず、単語の意味が本当に合ってるのか、怪しい。
単語って複数の意味を持つ場合ありますよね?大抵、辞書には2個か3個か訳が載ってるわけで。きっちり調べておかないと、思ってたのと違う意味が隠れている可能性も。それに、源流が同じ言語には、語源はおんなじでも違う意味になっていったものもある。
本書の「厳選」が、そういうのをきっちり確認している感じがしません。解説、超ザックリしてるもんね!

次に、その単語が、各国で人名として使ってもホントにおかしくないものなのか?の視点が抜け落ちている。

例えば、名前の候補として本書124ページに書いてあるのが、「リーデル(スペイン語とポルトガル語で『指導者』」。

うーん、、指導者。そもそもそのチョイスどうなのって感じですけど。加えて、リーデルってのは、南米にあるスーパーマーケットチェーンの名前なんですよね。スーパーと言っても成城石井的な高級スーパーではなく、マルエツ寄りな。それ名前に付けられちゃったら、辛い。

最後に、あて字に使う漢字は無茶苦茶なのです。他人の子供だからって悪ノリしてないよね?いけるいけるー、雰囲気伝わるってー、とかで選んでんじゃないかしらん。


僕のセンスが旧世代なだけかもしれませんが、本気の名付けに当たっては、この本を参考にしない方が良いと思われます。

もしも既に購入しちゃった方がおられたら。これ1144円もするらしいのでかなり痛い出費ですな!心中お察しします。ただ、僕にはどうすることもできない。ゲームキャラの名前に悩んだときに参照してはいかがでしょうか。

↑このページのトップヘ